写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は12月12日11時、両社が共同開発したJALマイレージバンク日本地区会員向けの新サービス「どこかにマイル」の提供を開始する。

このサービスは、利用日、時間帯、人数を入力後、羽田空港を出発地とした4つの行き先候補の中から日本全国の「どこかに」往復できる特典航空券が、6,000マイルで交換できるサービス。申し込みから3日以内に行き先決定の知らせが届く。日本の航空会社では初めてのサービスとなる。

NRIが保有する特許を元に、ビジネス構想からシステム構築に至るあらゆるプロセスをJALとNRIが共創する形で開発されたという。

JALでは、「思いがけない地域への旅行体験が想起されることによる、日本各地の魅力の再発見。また、通常の特典航空券の半分以下のマイル数により、これまで特典航空券の必要マイル数に満たなかったお客さまの旅行機会を拡大し、地域活性化へのお手伝いをさせていただきます」とコメントしている。