女子卓球選手の石川佳純(全農)【写真:Getty Images】

写真拡大

リオ五輪後の休息を経て優勝の石川「とても幸せ」

 卓球のスウェーデン・オープンは現地時間20日にストックホルムで行われ、女子シングルスで石川佳純(全農)、男子シングルスでは大島祐哉(ファースト)がそれぞれ優勝を果たす躍進を見せた。日本人アベック優勝にイギリスの五輪スポーツ報道サイト「インサイド・ザ・ゲームス」は「日本にとって驚異的な1日となった」と伝えている。

 石川はこの日行われたイン・チェーチン(台湾)との準決勝で7セットにわたった一戦に勝利。迎えた決勝のメレク・フー(トルコ)戦では12-10、11-4、11-6と立て続けに3セットを奪取。4セット目は11-13と落としたものの、石川は5セット目を11-5で制し、タイトルを手にした。

 同サイトでは、試合後の石川のコメントが紹介されている。

「私はとても幸せです。私は(リオ)五輪の前に、長い期間にわたってトレーニングをしていました。だからその後、少し休んでリラックスしていました。そこから私は1か月間にわたるトレーニングを再開し、これが最初の大会でした」

リオ五輪後の休息を経て優勝の石川「とても幸せ」

 五輪後の休息を経て、スウェーデン・オープンに臨んだと明かした石川。リフレッシュして臨んだ今大会について、大きな手応えを感じていたようだ。

「私は今日、とても素早くプレーできました。サーブと攻撃のコンビネーションも良かったです。なんとか試合に勝利することができました」

 また同記事では、決勝で地元のマティアス・カールソン(スウェーデン)を破った大島についても言及。「スウェーデン人の心を打ち破った」と記述している。リオ五輪が終わって数か月だが、復帰明けの石川、そして若手有望株の大島が魅せた活躍を海外メディアも高く評価している。