ATPワールドツアー・ファイナル準決勝でジョコビッチに敗れた錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

準決勝は1時間6分で敗戦、完敗認める錦織「ノバクがとても素晴らしかった」

 テニスのATPワールドツアー・ファイナル準決勝は現地時間19日に行われ、世界ランク5位の錦織圭(日清食品)は同2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に1-6、1-6のストレート負けを喫した。ATP公式サイトによると、試合後の会見で錦織は「今日はノバクがとても素晴らしかった」と完敗を認めたという。

 錦織は1次リーグA組第2戦の同1位アンディ・マレー(英国)戦で同大会史上最長となる3時間21分の激闘の末、敗戦した。その後のマリン・チリッチ(クロアチア)戦でもフルセットで逆転負けを喫するなど疲労困憊の中、今もなお世界最強のテニスプレーヤーとして君臨するジョコビッチが高い壁として立ちはだかった。 

 同サイトはこの一戦を分析。「ジョコビッチは試合を完全に支配し、1時間6分でカタをつけた。ニシコリに対して全くリズムを与えることを許さず、貫禄十分で強烈なフォアハンドを放ち、バックハンドでも鮮やかなディフェンスを見せた。ジョコビッチは計14回のウィナーを叩き込み、ニシコリは計24回のアンフォーストエラーを数えた」と一方的な展開だったと伝えた。 

「フィジカル面での準備ができていなかった」

 また、ジョコビッチは記事の中で「ケイはベストの状態からは程遠かった。彼は昨夜遅くまでプレーをしているということもあって、少し疲れていたのかもしれない。とはいえ、私は自分自身をコートで表現することに努めた。私は試合にコミットしきったよ」と話している。情けは無用と全力を心掛けたようだ。

 一方、完敗に終わった錦織は「今日はノバクがとても素晴らしかった」と素直にジョコビッチの強さを認めた上で、「自分は何の言い訳もできない。ノバクと戦うための、フィジカル面での準備ができていませんでした」と連戦の中でコンディショニングが苦しかったことを明かしたという。

 今大会4試合は、同3位のスタン・ワウリンカ(スイス)に勝利したものの、1勝3敗という結果に終わった。以前から体力面が課題とされている錦織は、来年1月開幕の全豪オープンに向けて改善を図っていくことはできるだろうか。