アンディ・マレー(英国)とのフルセットの死闘の末に逆転負けを喫した錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

死闘で「仕掛けた」錦織、「丁寧で慎重なテニス」だったマレー

 世界ランキング5位の錦織圭(日清食品)は16日のATPワールドツアー・ファイナル1次リーグA組第2戦で同1位のアンディ・マレー(英国)に7-6、4-6、4-6で逆転負け。9月の全米オープン準々決勝でフルセットの死闘の末にマレーに勝っていた錦織は2連勝とならなかった。前回対戦との「1メートル」の違いがポイントになったという。

「マレー選手には錦織さんに対して肌で感じる苦手意識のようなものがあったのでしょうか。前回のUSオープンで負けたイメージもあったでしょうし、デビスカップでもフルセットまで行っていました(デビスカップはマレーが勝利)。そんなに簡単にいかない。いつも長い試合になるということを覚悟した試合の入り方だったと思います。

 序盤の錦織さんのリターンの駆け引きは巧妙でした。セカンドサーブでも後ろに下がって回り込んだり、高い軌道でボールを送り込んだと思えば、ポジションを上げて早いタイミングで捉えて相手に時間を与えない場面もあった。一方、マレー選手のリターンはハイレベルですが、駆け引きがない。そのボールの威力が強くて、タイミングが速いので、相手は対応に遅れますが、ワンテンポと言えます。錦織さんは駆け引きでサーブにプレッシャーをかけていた。一方、マレー選手はとにかく慎重でした。流れが来たなと感じるような局面でもラッシュをかけず、仕掛けもせず、丁寧で慎重なテニスだったという印象です」

 プロテニスプレイヤーの綿貫敬介(明治安田生命)は、序盤の攻防についてこう分析した。85分間という死闘になった第1セットでは、錦織がタイブレークを制した。だが、そこから挽回したマレーが大会史上最長となった決戦で逆転勝利を飾った。2か月前に全米オープンで錦織が勝利した前回対戦との違いを綿貫は見て取っていた。

「全米オープンとはマレー選手の立ち位置に大きな違いがあります。全米オープンでは(この試合より)大股一歩分、ラリーで後ろに下がっていました。1メートルぐらいでしょうか。(錦織が)そこを下げられるか、下げられないかが、マレー戦のポイントではないかなと思いました」

「このテニスでマレーに勝ったら、力の差で勝ったと言える展開だった」

 綿貫はラリー時のマレーのポジションに注目していた。

「細かい部分ですが、マレー選手は自身のバックハンド側へ相手にクロスの強打で展開された場合、クロス方向への返球で対応します。昨日の試合でも錦織さんがマレー選手のバックハンド側に強打し、ネットを取ってクロスに返球されてボールをストレートにバックボレーで流すというポイントの取り方が確立していました。ここは弱点と言えるかもしれません。マレー選手相手ではストローク戦ではバックハンド側に押し込む。すると相手がコースを変えてくる。ある程度構えることができた状態で、ダウンザラインかクロス方向に深いボールを打って、相手を下げることができれば理想的。そこでマレーが斜め後ろに下がりながらスライスを打つような展開に追い込むと、徐々に流れが来る印象があります」

 全米オープンでは錦織はマレーのバックハンドを粘り強く攻め、自陣深く押し込んだ。そこからバックハンドの強打、フォアハンドで展開、ドロップショット、ネットプレーなど多彩な仕掛けを展開した。

「サーフェスの違いから全米オープンでは錦織さんのボールも高くバウンドしていて相手を後方に押し込んだ。前回はそこがキーポイントだっと思います。今回はその流れでいくのかなと思いましたが、違いました。錦織さんから仕掛けていきました。アグレッシブにコースを変えていきました」

 全米オープンでは我慢のテニスで勝利を勝ち取った錦織だが、今回は自ら早く展開し、アグレッシブに仕掛けた。

 「ディフェンスの強いマレー選手を今回も1メートル下げることができれば、ドロップショットやネットプレー、アングルショットのポイントも増え、展開は変わったかも知れません。でも、今回、錦織さんは自分からアグレッシブに仕掛けました。前回対戦では長いラリー戦でプレッシャーをかけて勝ちましたが、このテニスでマレーに勝ったら、力の差で勝ったと言える展開だったと思います。次の対戦に向けて手応えをつかんだのではないでしょうか」

 今回の惜敗は次回対戦の布石となるかもしれない。綿貫はそう分析していた。

◆綿貫敬介(わたぬき・けいすけ) 明治安田生命所属 世界ATPランキング1135位、ダブルス1024位(2016年6月時点)。埼玉県春日部市のグローバル・プロ・テニス・アカデミーの常任コーチを務めながら、世界ジュニアランキング2位の弟・陽介のツアーコーチも兼務。ジュニア時代には世界ランク5位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)ら実力者と対戦した経歴を持つ。

◆グローバル・プロ・テニスアカデミー 綿貫3兄弟を育て上げた父・弘次氏が校長を務める、世界を目指すタレントを育成するジュニア育成のアカデミーと一般のスクールを併設。レッスンは午前9時から午後9時まで。住所・埼玉県春日部市下蛭田2-1。電話番号048-755-5370。公式サイトは、http://www.global-sports-planning.com/