ATPワールド・ツアーファイナル1次リーグ第2戦でアンディー・マレーと対戦する錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

錦織が世界1位マレーと激突へ、勝利のポイントは?

 世界ランク5位の錦織圭(日清食品)は16日、ATPワールド・ツアーファイナル1次リーグ第2戦で同1位のアンディー・マレー(英国)と対戦する。錦織は前回対戦の9月の全米オープン準々決勝でフルセットの末に勝利しているが、ここまでの対戦成績は2勝7敗と大きく負け越している。果たして世界1位に対して勝利し、1次リーグ突破へ前進することができるか。勝利するポイントをプロテニスプレイヤーの綿貫敬介(明治安田生命)に分析してもらった。

「USオープンでマレーを破った理由はいくつかありますが、個人的にはバックハンドのクロスのラリーで錦織さんが圧倒していたことが大きかったと思っています。マレーという選手はディフェンシブなスタイルでバックハンドの安定感が極めて高い。あそこでバックハンドで打ち砕こうとする選手はなかなかいない。マレー相手では、6対4くらいの割合でフォアハンドを狙っていく選手が多い印象です。

 ですが、錦織さんはあの試合であえてバックハンドのクロスで勝負しました。すごく興味深かったです。マレー相手にバックハンドでいくんだ、と。そこが前回の勝利のキーポイントだったと思います」

 綿貫は前回対戦の勝因をそう分析する。

重要となる前回のイメージ、「勝てるチャンスも十分ある」

「あのマレーに対してバックハンドのクロスで勝負したのはすごいことだと思います。錦織さんもバックハンドのクロスのボールにも定評はありますが、他の試合ではストレートに打ったり、フォアハンドに回り込んだりと、割とすぐに展開します。

 でも、あの試合ではバックハンドで押して、ジワジワとポジションを下げて、フォアハンドにきた時に回転をかけたボールでさらに下げさせた。粘り強い作業を繰り返していました。そこで打ち破れた。錦織さんは後半、集中力をより高めていました。

 いいプレーがどんどん出て、マレーもフラストレーションを溜めていました。あの試合のイメージが残っていたら、今回のマレー戦で勝てるチャンスも十分あると思います」

 綿貫はそう語り、前回のようにバックハンドのクロスのラリーでマレーを押し込むことができるなら勝機はあるとした。

 ただ、会場となるロンドン・O2アレーナの環境がマレーにとって優位に働く可能性があるという。

「マレー好み」の会場、果たして錦織は強敵を打ち破れるか

 キャリア初の世界1位に躍り出た29歳にとって今大会はホームであり、インドアハードと呼ばれる打球の速いコートについても「やりやすい」と相性の良さを認めている。マレーが手にすることになった地の利について、綿貫も「マレーがインドアハードでやりやすさを感じていることは理解できます」と話す。

「特徴としてサーブの回転はスライス系が多い。相手のボディを狙い、バックサイドはセンターが得意で、フォアサイドはワイドがすごく得意です。ゲームの組み立てやすさを感じているのでしょう。基本的にディフェンシブなプレースタイルですけど、このコートだと、そこまで下がらないでディフェンスできるメリットもある。

 打球がより弾むコートになると、後ろに下がってディフェンスしなければなりません。O2アレーナのような、打球の速いコートでテンポのいいディフェンスをするのがマレーの好みだと思います。マレーはディフェンスしながら相手を押し込める力もある。対戦相手もなかなかショットを決めることができません。フィジカル面も強くて常に余力があります。どんな局面でもカウンターを狙っている。脅威ですよ」

 綿貫はそう解説する。

 世界トップの実力を誇り、ホームの優位性も得ている強敵に対して、錦織はどんな戦いを見せてくれるのか。錦織がマレーに初勝利を挙げたのが2年前のツアーファイナルだった。16日の対決で殊勲の白星を挙げ、2連勝を飾ることはできるか――。

◆綿貫敬介(わたぬき・けいすけ) 明治安田生命所属 世界ATPランキング1135位、ダブルス1024位(2016年6月時点)。埼玉県春日部市のグローバル・プロ・テニス・アカデミーの常任コーチを務めながら、世界ジュニアランキング2位の弟・陽介のツアーコーチも兼務。ジュニア時代には世界ランク5位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)ら実力者と対戦した経歴を持つ。

◆グローバル・プロ・テニスアカデミー 綿貫3兄弟を育て上げた父・弘次氏が校長を務める、世界を目指すタレントを育成するジュニア育成のアカデミーと一般のスクールを併設。レッスンは午前9時から午後9時まで。住所・埼玉県春日部市下蛭田2-1。電話番号048-755-5370。公式サイトは、http://www.global-sports-planning.com/