「すたみなステーキ」

写真拡大

丼チェーン「伝説のすた丼屋」と「名物すた丼の店」、ステーキハウス「デンバープレミアム」を運営する株式会社アントワークスが、「伝説のステーキ屋 稲城店」を12月7日(水)にオープンする。

【写真を見る】「サーロインステーキ」

「伝説のステーキ屋」は、「伝説のすた丼屋」の魂を継承して、2016年3月に立ち上げた新業態。“美味しいステーキをリーズナブルな価格で好きなだけ食べられる、肉好きのためのガッツリステーキのお店”がコンセプトとなっている。

遠赤外線効果が高い“溶岩石”のチャコールグリルを使用し、肉のうまみを閉じ込めながら余分な脂を落とし、ジューシーに焼き上げたステーキを提供。ふんわり柔らかいステーキは税別1480円から、ハンバーグは税別1280円からで、リーズナブルな価格となっている。

ステーキとハンバーグともに、追加料金を支払うことで好みに応じて100gずつの増量が無限に可能となっている。

4店舗目となる稲城店は、敷地面積約333坪、建坪約52坪の広さを活かし、業態初の“テラス席”を設置。アウトドアの開放的な空間で食事を楽しめ、喫煙も可能となっている。

「味」、「価格」、「ボリューム」のどれをとっても満足できるはず。圧巻の肉塊を喰らってみよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】