大気汚染のダメージは全身に(画像は東北大学プレスリリースより)

写真拡大

これまで不明とされていた、大気汚染によって「アトピー性皮膚炎」の症状が引き起こされる仕組みの一端を解明したと、東北大学大学院医学系研究科の日高高徳医員、小林枝里助教、山本雅之教授らの研究チームが発表した。

慢性的に痒みを伴う皮膚炎である「アトピー性皮膚炎」の患者数は、近年世界的に増加しており、患者数や重症度の分布から、大気汚染と相関することを指摘した研究が多数発表されているが、その根本的なメカニズムには不明点が多い。

研究チームは、一部の大気汚染物質に、遺伝子の発現を制御するタンパク質「AhR」を活性化させる成分が含まれていることに注目。これが引き金となって、アトピー性皮膚炎の発症や悪化が起きているのではないかと推測し、マウスでの検証を実施した。

まず、人為的にAhRを活性化させたマウスを観察したところ、皮膚のアレルギー性炎症やバリア機能障害、喘息のような症状を発症しやすいなど、人間のアトピー性皮膚炎とよく似た症状を示すことがわかった。

皮膚を詳しく分析したところ、神経の生存や成長、分化を促すタンパク質「artemin」が過剰に生成され、表皮内に神経が入り込んで痒みを感じやすい状態になっていることが判明。かきむしることで皮膚からの抗原の侵入を引き起こし、アレルギー症状の悪化を招いているという。

また、ディーゼル排気に含まれる大気汚染物質を慢性的に皮膚に塗布したところ、健康なマウスでもでもAhRが活性化され、AhR活性化マウスと同じ症状を再現することも確認した。

現在、アトピー性皮膚炎の治療では、ステロイド剤を塗る対症療法が主となっているが、AhRによるartemin 活性化がアトピー性皮膚炎の症状を引き起こすと確認できたことから、研究チームは両者の活性を抑制する物質を探索し、アトピー性皮膚炎の「痒み」をターゲットとした新しい発想の治療薬を開発してきたいとしている。

発表は、2016年11月14日、免疫学分野の英科学誌「Nature Immunology」オンライン版に掲載された。

参考論文
The aryl hydrocarbon receptor AhR links atopic dermatitis and air pollution via induction of the neurotrophic factor Artemin.
DOI: 10.1038/ni.3614 PMID:27869817

医師・専門家が監修「Aging Style」