写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ハウステンボス(長崎県佐世保市)はこのほど、第7の王国(エリア)である「夢と冒険の王国」の開幕に向けて、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)コンテンツを常設する日本最大のテーマパークとして本格展開する、と発表した。同社では、新王国のコアコンテンツにVR・ARを位置づけるとともに、来春より約30種類のコンテンツを体験できる環境を順次整備していくという。

同社は、2014年に業界初のVRゲームの常設アトラクションを開設。2015年にはAR技術を活用して、プレイヤーが腕から炎を放ちモンスターを倒すアトラクションを導入した。2016年現在では、VR技術とお化け屋敷を融合させた新感覚の恐怖体験ができる日本初の常設ホラーアトラクションなどを展開している。

2017年においても既存施設を改修し、VR・AR技術を活用した新感覚の恋愛アトラクションや壮大なSFアトラクション、世界中のAR・VR技術を一堂に集める施設などを開設する。また、2016年1月に取得した大村湾の無人島長島(西海市)を活用した「夢と冒険の王国」の始動プロジェクトを進めており、同王国でもAR・VR技術を活用したアトラクションを導入する構想も進めている。なお、2017年の新規事業計画については詳細が決まり次第、改めて告知する、としている。

コンテンツ総数は、8コンテンツ(2016年11月1日現在)。コンテンツ利用者は、累計50万人。主なコンテンツは、VR×お化け屋敷の日本初アトラクション「VRホラーハウス」、腕から火を放つ対戦型ARアトラクション「サモナーバトル」などとなる。

(エボル)