中国メディアの今日頭条は27日、中国のネット上でこのほど、日本の引越しサービスは「非常に丁寧」だと話題になったと伝えつつ、日本の引越しサービスの質が中国の同様のサービスを大きく上回っている理由について考察している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの今日頭条は27日、中国のネット上でこのほど、日本の引越しサービスは「非常に丁寧」だと話題になったと伝えつつ、日本の引越しサービスの質が中国の同様のサービスを大きく上回っている理由について考察している。

 記事は、日本の引越しサービスは「手抜きがなく、非常に丁寧」であると称賛しつつ、荷物の梱包から運搬、さらには引越し先での家具の設置にいたるまで「すべての作業に無駄がなく、丁寧」だと称賛。

 続けて、中国では人びとの生活水準が向上するにつれ、質の高い引越しサービスが求められるようになってきているとし、日本の引越し業者と同等のサービスを提供できる業者も存在するが、全体としてみれば中国の引越しサービスの質は高いとは言えない状況にあることを指摘した。

 さらに、中国の引越しサービスの質が日本に比べて劣る理由の1つとして、中国人のサービス意識が低いことを指摘し、徹底的に丁寧な仕事を心がける人はいないと指摘。これは引っ越しサービスにかぎらず、それは「中国国内に低品質な海賊品や劣悪な製品が大量に流通していることからも見て取れる」と指摘した。

 また、引越しサービスの利用客の多くが「引っ越しをただの体力仕事」だと認識し、高い料金を支払いたがらないことも中国の引っ越しサービスが日本のサービスに劣る要因の1つだとし、「中国では質の高い引越しサービスはまだ需要な十分ではないため、競争が起きない」と主張した。

 日本を訪れる中国人旅行客は、日本のさまざまなサービスに「人として敬意を持って接してもらえる」と絶賛するが、これは記事も指摘しているとおり、中国のサービス業のクォリティがそれだけ低いことを示している。中国で質の高いサービスが求められるようになれば、引っ越し業者をはじめ、日本のサービス業に対するニーズも高まってくるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)