どんなに愛し合ってるカップルでも、ケンカはつきもの。そのきっかけになりえるのは、普段から何気なく発している意外な口癖。知らず知らずのうちに相手を遠ざけてしまわないよう、口癖が相手を傷つけてしまうということを、心理学的な観点から解説した記事をコスモポリタン イギリス版からお届けします。

カップルセラピー専門家のジェフリー・バーンスタインによると、とある表現が多くの口論を引き起こしてしまうんだとか。彼は<Phsychology Today>の中で、「〜すべき」という言葉が、カップルが抱えるありとあらゆる問題の根源である可能性がある、と指摘している。

「私たちは、相手に対してとかく『〜すべき』という言葉を使いがちです。たとえ、そう口にしなくとも、頭のなかでそう思うだけで、そういう考えが口調や行動に反映されます。大切な人に対して『〜すべき』だと思ったり言われたりするとネガティブなエネルギーが生まれます。するとやがて、2人の関係に悪影響を及ぼすのです」

ジェフリーによる解決策は「『あなたは私の気持ちを分かってくれるべき』という代わりに『私の気持ちを伝えるから、よく聞いてもらいたいの』、また、『あの話は蒸し返すべきじゃない』という代わりに『今言われたことについてじっくり考えたいから、ちょっと時間をちょうだい』と言い換えてみましょう」とのこと。

まずはちょっと気をつけてみようかな。それと彼に「『〜すべき』をやめてみない?」って提案するのもいいかも。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN UK