二人の関係はどうなるの…?
 - (C) TBS

写真拡大

 新垣結衣が主演を務める連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系・毎週火曜よる10時)の第8話が29日に放送され、自己最高の平均視聴率16.1%を記録したことが明らかになった。前週の13.6%から大幅にアップし、TBS火曜ドラマ枠の歴代最高記録もさらに更新した。

 「逃げ恥」は、ひょんなことから夫=雇用主、妻=従業員という関係の契約結婚をすることになった職ナシ彼氏ナシの主人公・森山みくり(新垣)と、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)の共同生活を描いた社会派ラブコメディー。視聴率は初回から10.2%→12.1%→12.5%→13.0%→13.3%→13.6%→13.6%→16.1%と右肩上がりだったが、ここにきて前週から大幅アップとなった。

 また、今週は「Jリーグチャンピオンシップ2016決勝」生放送の影響で通常よりも23分繰り下げての放送で、裏では大型音楽番組「ベストアーティスト2016」(日本テレビ系)も放送されていたが、「逃げ恥」フィーバーが止まることはなかったようだ。(編集部・中山雄一朗)