写真提供:マイナビニュース

写真拡大

リコーは12月1日、パロアルトネットワークスの次世代セキュリティ・プラットフォームに準拠する次世代ファイアウォール「PA-500」および「PA-3020」の設計・構築・保守サービス・パッケージ「RICOH セキュアプラットフォームソリューション『ゲートウェイセキュリティ対策』」を発売する。価格は146万5000円(税別)〜、PA-3020/L3モード/冗長化あり/5年保守 24時間365日の場合で477万3000円(同)〜。

同社はこれまで、ユーザーの要望に応じてパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールやクラウド・ベースで脅威分析やプリベンション(事前防御)を行う「WildFire」などで構成する次世代セキュリティ・プラットフォームを販売している。

同ソリューションはユーザーの環境や要望に合わせて、次世代ファイアウォール(2機種から選択)・透過モード/L3モード・冗長構成の有無・保守対応時間の16パターンのメニューから選択できる。稼動後のチューニングもパッケージに含んでおり、24時間365日の保守対応も可能だという。

また、24時間監視による不正アクセスの検知やログ分析なども提供でき、ユーザーのネットワーク環境を調査・分析しレポートするメニューも、別途用意している。すでにファイアウォールを導入済みであっても、さらに高機能なファイアウォールを導入したいユーザーやセキュリティに不安を抱えるユーザーに、最適なパッケージ・ソリューションとなっている。

(山本善之介)