男女で大きく違う「ぶりっこ女子」への印象…男の証言5選

写真拡大

世の女性たちがみな口をそろえて嫌いだという「ぶりっこ女子」。

たとえば、女性からのワースト人気タレントといえば、すぐに名前が浮かぶのは女子アナの田中みな実さん。ブログを更新するたびにアンチによって炎上するのが、元モーニング娘。の辻希美さん。

筆者の周りにも、普段は大また開きで歩いているのに男の前だと急に猫をかぶり、周囲を唖然とさせる「ぶりっこ女子」が数多く存在します。

男性陣は彼女らが猫をかぶっていることは気づかず、出会いの場ではいつもぶりっこ女子が好感度をかっさらっていきます。

筆者のような普通女子がいつも割を食う、ぶりっこ女子。

いったい何なんでしょう。ぶりっこ女子という存在は。

男はぶりっこ女子しか好きじゃない?

なぜ男性はあんなにあからさまな、ぶりっこ女子を見破れないのかしら? 世の大多数の女性がこう疑問に思っているはずです。

そこで、男性たちの「ぶりっこ女子」に対する本音を聞いてみました。

●その1:気づいているけどカワイイ

「女性はよく『男はぶりっこに気がつかない』なんていいますが、もちろんわかってるに決まってますよ。気づいているけど『カワイイな』と思って終わり。男にカワイイと思われたくてやってるんだから、メイクやファッションと一緒でしょ。ぶりっこだからって引くことはないです。ぶりっこに対抗してやけに攻撃的な子のほうが引きますね。ああいうのは一生勝てないんじゃないかな?」(29歳/金融)

●その2:ぶりっこのどこがいけない?

「ぶりっこが嫌いな男なんてこの世にいません。サバサバしてクールな子より、ニコニコ相づちをうってくれる子のほうがカワイイに決まってるでしょ。女子は『ぶりっこが嫌い』なんて言うけど、男には理解できないです。ぶりっこの何がいけないの? むしろみんなもやればいいのに」(30歳/広告)

●その3:ぶりっこ以外は女じゃない

「女性って年を重ねるごとに強くたくましくなるじゃないですか。結婚して長い間一緒にいなきゃいけないのに男っぽい部分を出されたらイヤですね。少しでも長くぶりっこしていて欲しいものです。女性は一皮剥いたら男と一緒。ぶりっこをしない女性は和田アキ子とかと一緒。もはや男でしょ(笑)」(33歳/公務員)

●その4:「ぶりっこ」は女の気遣い

「僕の場合は、ぶりっこは女性側の気遣いだと思っているんで、逆に初対面からナチュラルに来られるとドン引きます。ぶりっこ女子の何がいけないんでしょうか? むしろ女はぶりっこ以外はもっと男に気を使えと言いたいくらい」(35歳/デザイン)

●その5:女の素なんて見たくない

「振り返ってみれば、今まで付き合った女性はすべてぶりっこと呼ばれるタイプ。むしろ、自然体でくる女性は苦手。スナックのママかよって(笑)。女の素なんて男なら誰も見たくないと思いますよ。僕からしたら、ぶりっこしない女は化粧しない女とイメージが重なります」(30歳/ネットマーケティング)

売れ残りを覚悟するか「ぶりっこ」をモテテクとして考えるか

男性の本音はかなり本質を突いているのかもしれません。

どうやら私たちは今まで木の枝で鎧兜のぶりっ子と戦っていたようです。ぶりっこは女の最強の武器。そしてこれに対抗できる武器はまだこの世にないのです。

どうりでどんな攻撃をくりだしても、まったく歯が立たなかったわけですね。

恋活、婚活で売れ残りを覚悟するのか、それとも実を取って「ぶりっこ」をモテテクとして考えるのか。

そろそろ本気で「ぶりっこ」に対する見方を改めるべきかもしれません。

Written by ウラバナツミ