ベッドシーンで男を大胆にリードするセクシー女優の白石茉莉奈/[c]松竹ブロードキャスティング

写真拡大

みうらじゅんの原作をイラストレーター・安齋肇が初監督を務めて映画化、その濃すぎるメンツが話題となっている『変態だ』(12月10日公開)。タイトルからすでに異彩放ちまくりの本作で、アブノーマルすぎる世界観に癒しを与えてくれるのが、人気セクシー女優・白石茉莉奈だ。

【写真を見る】あのセクシー女優が見せるベッドシーンがエロ過ぎる!/[c]松竹ブロードキャスティング

ロックとポルノをテーマにした本作は異色の青春ドラマ。特別な才能もない男(前野健太)が、大学でロック研究会に入ったことをきっかけにミュージシャンとしての道を歩み、家庭を持つようになる…というストーリーだ。白石はこの主人公の妻を演じている。

男が脱いだ上着をすかさず受け取ってハンガーにかけたりと、その妻っぷりはとにかく献身的。そんな姿に癒されたかと思えば、おっとりとした顔つきで、ジッと目を見つめ、「ねぇ、パパ」と甘えたり、時折見せる小悪魔的な一面にはドキドキ。さらに、ぬいぐるみを使って話しかけてきたりと、癒しを通り越して若干のウザさすら感じてしまうが、健気に男を愛し続ける様子にはグッときてしまう。

ベッドシーンでは、セクシー女優の名に恥じぬ熱演で男をリード。目をトローンとさせた表情は、普段のおっとりとした姿とは一味違った色気を身に纏っており、大胆にキスをしたりと、エロ過ぎる姿は圧巻だ。

個性的なメンツの中でも埋もれることなく存在感を発揮している白石。彼女が見せる様々な表情は、一見の価値あり!【トライワークス】