アブダビの空がトワイライトに染まる午後5時に始まった2016年の最終戦アブダビGPは、陽が沈み、サーキットが人工照明に照らし出された残り6周というところで、急激に緊迫の度合いを増していった。トップ4台が、2.9秒にひしめく――。それは、このレースの勝者だけではなく、2016年のチャンピオンを巡る争いだった。

 首位ルイス・ハミルトンは「優勝」が絶対条件。そのうえで、2位を走るニコ・ロズベルグが4位以下に終われば、大逆転でタイトルを勝ち獲ることができる。逆に選手権をリードするロズベルグは、3位以内で表彰台にさえ立てばタイトルが決まる。

「ルイス、このレースで勝つにはペースを上げる必要がある。1分45秒1で走ってくれ。これは指令だ」

 メルセデスAMGのピットからは、再三にわたりハミルトンに無線が飛んだ。実力を発揮すれば、メルセデスAMGの2台がライバルたちに大きく先行し、自身が優勝してもロズベルグが4位以下に落ちる可能性は極めて低い。だから、ハミルトンはあえてペースを落として走り、2位のロズベルグを抑えながらレッドブルやフェラーリをも引き寄せてロズベルグにアタックさせたのだ。

 これを「汚い」と罵(ののし)る者もいた。3位まで追い上げてロズベルグの背後につけたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)でさえも、内々には「ルイスがダーティなトリックをしている」と表現した。

 しかし、それは何としてでも逆転したいという、ハミルトンのタイトルに賭ける執念だった。

「自由にレースをさせてくれ! 僕はチャンピオンシップを失いかけているんだ。このレースで勝てるかどうかなんて問題じゃない!」

 無線でそう訴え、最後までゆっくりとしたペースで走り続けた。結果、最後はトップ4台が超接戦になった。

「今まで戦ってきたなかで、もっとも楽しいレースじゃなかったね。特に最後の数周はね。ルイスはゆっくり走るし、後ろからはプレッシャーを受けるし。そこで順位を落とせば、すべてを失ってしまうんだからね。本当にタフだった」

 2位のロズベルグから4位のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)まで、わずか1.246秒。ロズベルグにとっては、そのたった1.246秒の差で2016年のタイトルを逃す可能性があるのだ。意図的に前を抑え込まれたもどかしさと、背後から迫り来る2台のプレッシャーの狭間で、薄氷を踏むような数ラップだった。

「僕はタイトル争いのことは考えず、目の前のレースで勝つことだけを考えて戦う」

 シーズンのずっと以前から、ロズベルグはことあるごとにそう言い続けてきた。タイトル争いを意識せず、その重圧から眼を逸らし、正面から向き合うことを拒否してきた。

「それが、僕自身が見つけ出した僕のアプローチの仕方だったんだ。何がいいかは人それぞれ違うだろうけど、僕にとってはそれがベストだと感じられたし、集中するための方法はかなり懸命に学んだ。間違いなく、精神面の強さというものが重要な要素だった」

 パドックでは、ロズベルグに対して厳しい見方をする者が少なくなかった。いや、心の底では「ハミルトンのほうが速いはず」と思っている者が大多数だと言い切っても過言ではないだろう。

 開幕4連勝は、ハミルトンが見舞われた2度のパワーユニットトラブルとスタート失敗によるものだった。スペインGP(第5戦)ではスタートでボタン操作を誤り、攻めてくるハミルトンに対して防御しようとしたところで同士討ちとなってしまった。モナコ(第6戦)でもウエットコンディションでタイヤを機能させられず完敗を喫し、続くカナダ(第7戦)では1コーナーの争いでハミルトンに押し出される格好になった。

 ハミルトンが予選でクラッシュし、決勝でパワーユニットのトラブルに見舞われたバクー(第8戦・ヨーロッパGP)では、ロズベルグのひとり旅となったが、その次のオーストリア(第9戦)では最終ラップに攻めてきたハミルトンに対するディフェンスで接触し、優勝を奪われた。ハミルトンの母国イギリス(第10戦)でも、自身が認める完敗だった。

 ハンガリー(第11戦)では雨中の予選で黄旗が振られるなか、唯一タイムを更新してポールポジションを獲得したが、スタートで出遅れて敗北。母国ドイツ(第12戦)でも緊張のためスタート失敗で、優勝を献上した。

 夏休み明けのベルギー(第13戦)は、パワーユニットが足りなくなったハミルトンが3基を投入して最後尾からスタートしたため、ロズベルグのひとり旅。モンツァ(第14戦)は予選で完敗だったものの、ハミルトンがスタートで出遅れたことで、またしてもひとり旅になった。

 ロズベルグ自身がベストレースに挙げるシンガポールGP(第15戦)は、自他ともに認める完勝だった。追いすがるレッドブルのダニエル・リカルドを急きょ変更した戦略で振り切っての優勝だったが、対ハミルトンでは完勝と言えた。

 続くマレーシア(第16戦)は予選・決勝ともにハミルトンが独走したが、まさかのエンジンブロー。これで、チャンピオンシップがロズベルグ有利に大きく動いた。

 日本GP(第17戦)では前週のリタイアに加え、メディアとの対立で精神的にストレスを抱えたハミルトンが振るわず、ロズベルグの完勝となった。しかし、それ以降のアメリカ(第18戦)、メキシコ(第19戦)、ブラジル(第20戦)、そして最終戦アブダビ(第21戦)では予選・決勝ともにハミルトンがロズベルグを圧倒し、ロズベルグは一度も勝利をうかがうことさえできなかった。

「目の前のレースで勝つことだけを考える」と言いながらも、周囲の目には、安全に2位を確保していっているようにしか見えなかった。

 勝ち星はロズベルグ9勝対ハミルトン10勝と、ほぼイーブン。しかしここまで振り返ってきたように、ロズベルグが直接対決でハミルトンを下したことはほとんどない。シンガポールGP、そして強いて言えばハミルトンがリズムに乗れず自滅したバクーくらいのものだ。予選でも、両者が完全にアタック対決をしたレースに限れば、12勝5敗とハミルトンが完全に勝ち越している。

「ハミルトンのトラブルのおかげでチャンピオンになれると言われることについて、どう思う?」
「そのことにプレッシャーを感じない?」
「あなたはまだ、ドライバーとしての名声を確立できていないという声もあるが?」

 チャンピオン争いが佳境に入るにつれて、ロズベルグにはそんな厳しい質問が次々と投げかけられるようになった。そんな質問にも、ロズベルグは正面から向き合うのを避けるようにそつなく答え、自分のために戦い、目の前のレースで勝つことだけを考えると繰り返してきた。

 最終戦アブダビGPでも、ハミルトンと直接対決せずともロズベルグにはタイトルが転がり込む計算になっていた。そんなレースで彼はどう戦うのか? 勝利を目指すと言いながらも、予選で完敗を喫し、スタートでも逆転できなかった時点で、彼はどう出るのか?

 ハミルトンが独走すれば、普通に2位で走り切ってタイトルが決まる。しかし、ハミルトンはそうしなかった。"トリック"を仕掛け、ロズベルグにタイトル喪失の可能性を生じさせ、ふたりでアブダビGPの勝利を争う直接対決ではなく、他の2台を巻き込んでチャンピオンシップを争う異色の展開に引きずり込んだ。

「もちろん彼を抜こうと思ったけど、無駄だった。ルイスはあらゆるスキルを使って完璧にコントロールしていたし、抜き去る方法は完全になかったんだ」

 ハミルトンはセクター1だけは全力で走り、ほぼ追い抜きの可能性がない低速のセクター3で後ろを引きつける巧妙な走りを展開していた。タイトル獲得のために、ロズベルグが避け続けてきた直接対決を、自ら突きつけたのだ。

「この4戦、僕は自分にやれるだけのことはやってきた。別に終盤だって緊迫していなかったし、今日勝つのは簡単なことだった。でも、レースをリードしていてもチャンピオンシップを失いかけていることはわかっていた。まったく危なくなんてなかったし、アンフェアなことをやったとも思わない。僕らはチャンピオンシップを戦っていたんだ。そして、僕はレースをリードしていて、ペースをコントロールした。それがルールというものだからね」

 しかし、ロズベルグはその異色の"直接対決"を戦い抜き、2位でフィニッシュして初の栄冠を掴み獲ったのだった。

 もう目の前の重圧から目を背けるロズベルグの姿ではなかった。周りが何を言おうと、長いシーズンを戦い抜き、最後は変則的な形とはいえ最強のライバルとの直接対決を制し、2016年のF1世界選手権の頂点に立ったのだ。

「僕は名声のために戦っているんじゃない、ワールドチャンピオンになるために戦っているんだ。そして、それを成し遂げた。子どものころからの夢を叶えたんだ。そのことに興奮しているよ」

 この勝利はきっと、ロズベルグを新たな境地へと成長させてくれるに違いない。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki