アニメ界のアカデミー賞、アニー賞にノミネート (C)2016「君の名は。」製作委員会

写真拡大

 アニメ界のアカデミー賞と呼ばれるアニー賞のノミネートが発表された。日本からは「君の名は。」(新海誠監督)と「百日紅 Miss HOKUSAI」(原恵一監督)、およびスタジオジブリの日仏合作アニメ「レッドタートル ある島の物語」(マイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督)が長編インディペンデントアニメ部門にノミネートされた。

 長編アニメ賞では、ウォルト・ディズニー・アニメーション製作の「ズートピア」が最多11部門のノミネート。「コララインとボタンの魔女」などで知られるアニメ工房ライカの新作「kubo and the Two Strings」が10部門で続いている。

 アニー賞授賞式は2017年2月4日、米ロサンゼルス名門大学UCLAのロイス・ホールで行われる。

主なカテゴリーのノミネートは以下の通り

▼長編アニメ賞
「ファインディング・ドリー」
「Kubo and the Two Strings」
「カンフー・パンダ3」
「モアナと伝説の海」
「ズートピア」

▼長編インディペンデントアニメ賞
「Long Way North」
「百日紅 Miss HOKUSAI」
「My Life As A Zucchini」
「レッドタートル ある島の物語」
「君の名は。」

▼短編アニメ賞
「Blind Vaysha」
「Deep Flower」
「The Path」のタイトルシークエンス
「Pearl」
「ひな鳥の冒険」