写真提供:マイナビニュース

写真拡大

長澤薬品はこのほど、一般の消費者を対象に、処方せんがなくても病院の薬が買える「池袋セルフメディケーション」を開業した。

同薬局は、薬を自身で選び、治療する「セルフメディケーション」をサポートする薬局。体調が悪いとき、通常は病院を受診して処方せんをもらい、薬局で薬を買うというのが一般的な流れだが、同薬局では、医療用医薬品を処方せんなしで購入できる。経験豊富な薬剤師や看護師がカウンセリングしながら、約7,000種類の医療用医薬品を販売する。

病院は、いつも使っている薬を処方してもらう場合でも、受診まで長時間待つことが必要になるが、同薬局は待ち時間がほとんどないため、すぐ目的の薬を入手できる。なお、処方せん医薬品(販売するのに処方せんが必須の薬)は販売していないとのこと。

また、病院は初診料や診察料、処方せん発行料などがあり、薬局でも各種調剤報酬が薬代と一緒に請求される。これが三割負担となり、薬代を含め払う金額は2,500〜4,000円になる事が多い。しかし、同薬局では医療用医薬品が300円程度から入手可能なため、同じ薬でも保険を適用するより安くなる事もあるという(※)。

普段は保険適応されない医療用ビタミン剤や医療用の保湿剤も直接購入する事ができる。通常の薬局と同じように患者の情報を薬歴で管理するので、アレルギーや併用薬に対しての安全対策は他の医療機関と変わりないという。

この業態は、健康保険を使わないため、現在問題になっている社会保障費(特に医療費)の増大を抑える直接的な効果が期待できるとのこと。血糖値の検査やエイズ(HIV)ウイルス、肝炎ウイルスの検査キットを販売するなど、病気の早期発見のための血液検査も受け付けている。

※全ての場合において安くなるわけではないとのこと

(フォルサ)