新たな「悪魔契約」で生まれる「Devil's Ear」

写真拡大

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは「日本が世界に誇る悪魔集団・ハードロック/ヘヴィメタルバンド」の「聖飢魔II」とコラボレーションしたカスタム・イン・イヤー・モニター(IEM)「Devil's Ear」を、2016年12月1日午後0時から17年8月31日午後3時までの期間限定で予約受付を始める。発送は予約決済約2か月後。

ベースモデルは「シーメンス」との共同開発 快適な装着感と迫力の音再生

16年3月に「聖飢魔II」モデルとして限定発売し好評だった高性能ヘッドホン「AQUMA」に続く公式コラボレーションモデル。

オンキヨー&パイオニアイノベーションズの音響技術のノウハウと「シーメンス補聴器」の技術を融合したカスタムIEM「IE-C1/C2/C3」がベースモデル。「バランスド・アーマチュア」型のドライバーを採用し、高解像度の中・高域再生、高い密閉性による迫力の低音域再生を楽しめる。

人間工学に基づいたフォルムは圧迫感の少ない快適な装着感を実現し、3Dプリンターと熟練の職人の技巧を凝らした成形で、ユーザー個々の耳に合わせ、装着しやすく外れにくいスリムなデザインを採用。

左表面に各構成員(メンバー)の敬称、右表面には各構成員の顔面紋様を施したほか、各カラーを構成員が選択した組み合わせによる「デーモン閣下」「ルーク篁参謀」「ジェイル大橋代官」「ライデン湯澤殿下」「ゼノン石川和尚」「エース清水長官」「聖飢魔II」全7タイプをラインアップ。専用キャリングケースが付属する。

価格は、シングルドライバー「IE-C1」が6万9800円、2ドライバー「IE-C2」が8万9800円、3ドライバー「IE-C3」が12万9000円(全て税別)。