画像

写真拡大 (全2枚)

 FRONTEOは、同社のエキスパートとサービスチームが人工知能の導入、運用を代行する「AIプロセスアウトソーシング」の提供を開始する。

 人工知能(以下、AI)を駆使したビッグデータ解析事業を手がけるFRONTEOは、企業などが人工知能の活用する際に課題となる「導入時のつまずき」を解消し、「効果的な運用の継続」を実現するために、「AIプロセスアウトソーシング(以下、APO)」の提供を開始する。

 同サービスでは、同社内のAIに関するエキスパートやAIの運用を担当しているサービスチームが、解析のテスト段階から導入、運用設計をサポートを支援。さらに、稼働開始後の運用も代行することにより、AIやデータを扱う専門家が企業内にいなくても、実効性の高いAI活用を実現する。

 同社が独自開発した人工知能「KIBIT」は、活用できていない文書やテキストを解析し、情報資産として活かすことで、継続的な課題の解決を実現している。具体的には、営業日報や顧客からの問い合わせなどの「テキスト化」されたデータの中から、知りたい、見つけ出したい事柄や結果を抽出することを得意としている。

MarkeZine編集部[著]