“解散発表”2NE1のCL、ファンに手紙で心境告白「最善を尽くした」

写真拡大

CLが2NE1解散に関する心境を明らかにした。

CLは29日自身のSNSに自筆の手紙を掲載し、「私たちは一つのチーム、一つの家族であることには変わりない。MINZY、BOM、DARA皆個人活動しながら多くのことを遂げていき、それらに向かう愛と応援は続けられる」と述べた。

彼女はまた「私を始めメンバーとYGは、これまで2NE1を維持しようと最善を尽くした」とし「多くのことを放棄し、夏に韓国で新たなアルバムのために暑い中作業に没頭したが、結果的に上手くいかなかった。とてもしんどい時間だった」と打ち明けた。

CLは「一番重要なことは、これまで7年間忘れられない思い出を作ることができたこと、ファンが私たちを支えてくれたから可能だった」と付け加えた。

メンバーとファンに向けた変わりない愛情を示したCLは「BLACKJACK(ファンクラブ名) は、二つとない大切な人たち」とし「ファンと一緒に成長してこれたことはかけがえのない思い出」と締めくくった。

2009年にデビューした2NE1は、先日25日BOMの再契約不発とチーム解散を公式化した。