写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロは11月29日、訪日外国人向け無料Wi-Fiサービスについて、12月1日より、銀座線の車両内に順次導入することが決定したと発表した。

同社は、無料Wi-Fiサービスとして、NTTブロードバンドプラットフォームによる「Metro_Free_Wi-Fi」「Japan Connected-free Wi-Fi」と、ワイヤ・アンド・ワイヤレスによる「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」を提供している。

これまで、無料Wi-Fiサービスを東京メトロ全駅(一部管理委託駅を除く)の駅構内で提供してきたが、上野や浅草など、沿線に人気の観光名所が多い銀座線で1編成のサービス開始を皮切りに、2016年度末までに 5編成の導入を進め、2020 年度までに全編成の導入完了を目指し、順次サービスを開始する。

また、丸ノ内線、日比谷線においても、新型車両の導入に合わせてサービスの開始が計画されている。

丸の内線は新型車量(全53編成)が対象で、導入開始予定が2018年度、導入完了予定が2022年度となっている。

日比谷線は13000系車量(全44編成)が対象で、導入開始予定が2016年度、導入完了予定が2020年度となっている(当面は「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のみ提供予定)。