写真:iStock / thinkstockSUUMOジャーナル

15年後には空き家2100万戸?無計画に建ち続ける日本社会の末路

ざっくり言うと

  • 住宅が過剰につくられる日本社会について、都市計画の研究者が解説している
  • 野村総合研究所によると、2033年には空き家率が30.2%になるという
  • 夢のマイホームも「負債=負動産」になりかねない事態が訪れるとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング