今年だけで4本の出演映画が公開され、名バイプレーヤーとして際立つ存在感を放っているムロツヨシさん。


(c)Nosh

シリアスからコメディまで変幻自在に演じ分ける俳優としての顔を持つ一方、SNSではお茶目な姿も公開されており、俳優仲間さんとの幅広い交友録にも注目されています♡

先日公開された最新作『疾風ロンド』で、謎の男・ワダハルオを演じたムロさんに、Noshが直撃&単独インタビューを行ってまいりました!


(c)Nosh

Q:謎の男・ワダ役は、ムロさんならではという仕上がりでした。

ムロツヨシ(以下、ムロ):ありがとうございます!吉田監督だけではなく、ほかの監督にもたま〜に言われるんですけど、「役作りとかしないでほしい」って。

今回、「ワダはこういう男ですから」とか、「ムロさん、それは違います」とか、一言も言われていません(笑)。

あの衣装を着て、あの帽子をかぶって「怪しい男」ということになったのは監督の意図かもしれませんが……おかしいですよね、私、何もしていないのに(笑)。


(c)Nosh

Q:逆に、あえて準備したことはありましたか?

ムロ:今回準備したのはスキーの練習くらいです。「スキーしか取り柄がない」という台詞を言われるので、そこは頑張りたいなと思って。

Q:ということは、スキーのシーンは見どころですよね?

ムロ:もちろん、そうですよ!

もともと20年前に学生スキーをやったくらいで、ずっと遠ざかっていたんですけど、今回しっかり教えてもらい滑れるようになりました。

自分で言うのもなんですが、いただいた時間で長野県ではない場所に、ひとりでスキーをしに行ったりしました。簡単なコースをずっと滑って、すごくいい練習になりましたよ。

Q:久々だと、全身筋肉痛になりませんでしたか?

ムロ:筋肉痛がね、3〜4日遅れてくるの!

Q:(笑)。

ムロ:おかげで、撮影が順調だったんですよ!

3日くらい長野で撮影して東京に帰ってというスケジュールだったんですが、帰ったくらいに体にガタがきて(笑)。そして、また長野に来る頃には治っていて、と。

本当に自分の筋肉痛の遅さに感謝していますよ。


(c)2016「疾風ロンド」製作委員会

Q:共演の大島優子さんは野沢温泉を堪能していたようでしたが、長野県ならではの思い出はありますか?

ムロ:僕も自由に温泉に行っていましたよ、優子を探しに!

Q:イベントでは大島さんに「優子って呼ばないで」と言われていましたが……。

ムロ:(笑)!じゃあ……大島さん……を探しに。ばったり会わないかなあって。

野沢温泉は外湯があるのを知っていたので、もともと行く予定だったんですけど、ばったり会おうもんなら、ねえ。

湯上がり優子が見たいと期待していたんですけどねえ、ダメでしたね。

Q:ムロさんは温泉でバレたりしないんですか?

ムロ:全然バレなかったです。でも、あるお父さんがずうっと私を見ていたのはありました(笑)。

「この男はどこかで見たけど、どこで会ったっけかな?」という顔をしていらして。

たぶんテレビで見てくださったとは思うんですけど、役者とはわかっていなさそうで……。

自分から「役者ですよ」と名乗るわけにもいかないし(笑)。私の今の認知度の難しいところですよね〜。そんなお父さんとの空気が、温泉の思い出です。(取材・文・写真:赤山恭子)

前半のインタビューはここまで!

後半では、念願だった阿部寛さんとのお芝居について、また大倉忠義さんとの昔の共演エピソードも語ってもらいましたので、お楽しみに♡

映画『疾風ロンド』は大ヒット上映中です!

【関連記事】

※ 「自分次第」「四元素」【ハリポタ】新シリーズのキャストがキラキラ明るく生きるためのコツ伝授

※ 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」キャスト明かす、抜群のチームワークとイケメン主人公

※ 大倉忠義&大島優子の「阿部寛は実在していない気がしていた」発言に、本人が苦笑い

※ 菅田将暉、多忙な2016年を振り返るも「意外と休みある」と笑顔

※ 古川雄輝に単独インタビュー!ネタバレぎりぎり、最新作の愛について語る