紅白歌合戦「出場よかった」ランキング☆1位はやっぱりアノ歌姫

写真拡大

 11月24日、67回目を迎える『NHK紅白歌合戦』の出場者、紅白あわせて46組が決定しました。

 マンネリと言われながらも、紅白歌合戦には、まだまだ熱い注目が集まっているようです。そこで女子SPA!では、25才から35才の女性200人に「紅白出場が決まってよかった!」と感じるミュージシャンを調査しました。(※)

=================
「紅白歌合戦」の出場予定者のうち、「良かった」「ふさわしかった」と感じる有名人を以下から選んでください。(複数回答)カッコ内の数字は出場回数です。

10位 福山雅治(9) 12.6%
8位 Perfume(9) 13.2%
8位 ゆず(7) 13.2%
7位 いきものがかり(9) 15.7%
5位 KinKi Kids(初) 17.0%
5位 RADWIMPS(初) 17.0%
4位 桐谷健太(初) 17.6%
=================

 初出場者に支持が集まる結果となりました! 同率5位だったのがKinKi KidsとRADWIMPS。

 KinKi Kidsが初出場なのが意外な感じですね。彼らは、1998年から2015年まで大晦日は自身の単独コンサートを開催していたのがこれまで出演していなかった理由のようです。デビュー19周年目での満を持しての出場に喜びの声が集まった模様。

 RADWIMPSは、劇中音楽全般を手がけたアニメーション映画「君の名は。」が今年の夏の話題をさらいました。大晦日に主題歌「前前前世」を聴いて、映画と今年の夏を振り返るのも、紅白のひとつの楽しみ方かもしれませんね。

 4位桐谷健太は、auのテレビCM「三太郎」シリーズで浦島太郎を演じ、CMソング「海の声」で歌手デビューしています。「海の声」は、総配信数100万ダウンロードを突破し、フルバージョンはYouTube再生回数が6000万回を超え、カラオケランキング上半期総合1位を獲得という、大ヒットとなりました。それだけに今年の紅白出場がふさわしい! の声が多かったよう。

◆同率2位 星野源(2) 25.2%

 2位はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で当たり役“プロの独身・平匡さん”を演じ、今ノリにノっている星野源です。

 ドラマのエンディング曲になっている星野の「恋」に合わせ、新垣結衣らキャストの踊る「恋ダンス」が話題沸騰。YouTubeで、公式動画は再生回数が950万回を超えており、他にもフィギュアスケートの羽生結弦はじめとして、多くの人の「恋ダンス踊ってみた」動画がネットでは注目されています。

「逃げ恥」はTBS系列ですが、局を超えた「恋ダンス」のサプライズ演出も紅白歌合戦に期待です!

◆同率2位 嵐(8) 25.2%

 さすがの人気グループ、堂々のランクイン! 今回の白組司会は相葉雅紀ということもあり、嵐の出場は誰もが予想できたところ。それでも改めて決定に「良かった」と多くの人が感じるところに好感度の高さが見られますね。

 ちなみにグループではなく相葉単独での司会は、2020年の大みそかまでメンバー5人がそれぞれ順番に白組の司会をする「嵐5か年計画」の幕開けとする報道(11月15日付東京スポーツ)もありますが、さて真相はいかに!?

◆1位 宇多田ヒカル(初) 40.3%

 やはり初出場組1番の目玉、宇多田ヒカルがトップに。2010年に「人間活動に専念する」として音楽活動を休止して以来、今年から再開しアルバム「Fantome」(oはアクセント付き文字)をリリース。

 出場について本人コメントはありませんでしたが、宇多田のスタッフが「第67回NHK紅白歌合戦への初出場が決定。生歌唱で出演します。」とツイートしました。

 注目されているのが、“生歌唱”が、ロンドン在住の彼女が帰国してのNHKホール出演となるのか、または海外からの生中継なのかです。宇多田は、復帰後に音楽番組などのテレビ出演は行っていますが、もしもNHKホールに生での参加となった場合は、復帰後初の生出演となります。

 紅白歌合戦への期待の高まりが感じられる結果になりましたね。人々の期待にNHKがどう応えるのか? 今から大晦日が楽しみです。

※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(25〜35歳女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2016年11月24日〜11月26日
有効回答者数:25〜35歳女性200名

<TEXT/女子SPA!編集部>