高機能な追従クルーズコントロールやウインカー操作に応じて自動で車線を変更するなど、自動運転につながるテクノロジー「ドライブパイロット」を搭載した「メルセデスEクラス」に、ステーションワゴンが登場しました。

1

すでにグローバルで100万台以上が売れているという、プレミアムステーションワゴンのベンチマークの最新バージョンといえるモデルです。

ステーションワゴンらしい機能として、足をバンパー下に近づけることでテールゲートを開閉する機能や、電子制御セルフレベリングを持つリヤのエアサスペンションといったメカニズムがあげられます。

広大なラゲッジスペースの容積は最大1820リッターで、フラットフロアで使いやすいのもステーションワゴンの頂点といえるEクラスらしさ。

エンジンは2種類のスペックを持つ2.0リッター4気筒ガソリンターボ、2.0リッター4気筒ディーゼル、3.5リッターV6ツインターボ、3.0リッターV6ツインターボを用意。

グレードはE200、E220d、E250、E400、 AMG E43。アピアランスは、“アバンギャルド”、AMGラインをまとう“アバンギャルド スポーツ”、メルセデスの伝統が輝くフロントフェイスの“エクスクルーシブ”、そして20インチホイールを履く”AMG”の4種類で、メーカー希望小売価格は、712万円〜1186万円となっています。

【関連記事】

メルセデスベンツの新型Eクラスワゴンが日本上陸、価格は712万円より
http://clicccar.com/2016/11/29/421907/

メルセデス・ベンツ「Eクラス」画像ギャラリー ─ 自動車線変更から先進的なインパネまで最新技術を満載!!
http://clicccar.com/2016/09/13/397717/

プレミアムステーションワゴンのベンチマーク ─ Eクラス ステーションワゴン画像ギャラリー(http://clicccar.com/2016/11/30/422004/)