写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は11月29日、共同開発したJALマイレージバンク日本地区会員向けの新サービス「どこかにマイル」を2016年12月12日11時から提供開始すると発表した。

同サービスは、申込時に4つの行き先候補が表示され、NRIが開発したプロセスでJALが行き先を決定し、申し込みから3日以内に決定した行き先を通知するもの。

利用の際は、「どこかにマイル」のWebサイトの申し込み画面から、利用日(往路搭乗日の1カ月前から7日前まで)、時間帯、人数(4名まで)を入力。その後、4つの行き先候補が表示されるので、行き先候補がOKであれば旅行者情報を入力のうえ、申し込む。

行き先候補は4つの空港で1組となっており、再度検索すると行き先候補が変わる。候補として選択した4つの空港から1つの空港が行き先として選ばれる。必要なマイルは通常の半分以下の6000マイルとなっている。

同サービスの狙いについては、思いがけない地域への旅行体験が想起されることによる、日本各地の魅力の再発見を促し、通常の特典航空券の半分以下のマイル数により、これまで特典航空券の必要マイル数に満たなかった利用者の旅行機会を拡大して地域活性化のサポートをすることとしている。