フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は29日、コネクティビティ機能を強化するとともに装備を充実させた特別仕様車を発売した。ハッチバックの「Golf Connect(ゴルフ コネクト)」とステーションワゴンの「Golf Variant Connect(ゴルフ ヴァリアント コネクト)」の2モデル。

 特別仕様車は「TSI Comfortline」や「TSI Highline」をベースにテレマティクス機能「Guide & Inform」を追加した同社純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」を標準装備することで、 コネクティビティをさらに強化させた。ルート案内の精度を高めるとともに Googleサーチエンジンを利用したオンライン検索も利用できる。LED テールランプの採用やアルミホイールのデザイン変更など、ハッチバック、ステーションワゴンともに装備も充実させている。

 価格は、Golf TSI Comfortline Connectが306万円、Golf Variant TSI Comfortline Connectが319万円(税込)。Golf TSI Highline Connectが346万9,000円、Golf Variant TSI Highline Connectが359万9,000円(税込)。