画像

写真拡大

 セールスフォース・ドットコムと日本経済新聞社は、Salesforce Marketing Cloudと日経IDが連携したサービスの提供を2017年3月から開始する。

 セールスフォース・ドットコムは、日本経済新聞社のオンラインメディアへの広告配信最適化を実現するサービスを、2017年3月から提供開始することを発表した。

 これまで日本経済新聞社は、日経IDを活用して、読者の行動履歴データ管理や、読者の行動パターン分析にもとづくセグメント作成などを、DMPのKruxで行ってきた。

 今回のサービスでは、セールスフォース・ドットコムが提供するマーケティングプラットフォームSalesforce Marketing Cloud(以下、Marketing Cloud)と日経IDをKruxを経由して連携。これにより、Marketing Cloud利用企業が管理する顧客データと日経ID登録者のマッチングを行い、ターゲットとする消費者を抽出できるようになる。

 さらに、抽出したターゲットに応じた最適な広告を、日本経済新聞社のオンラインメディアに配信することが可能になり、効果の高いコンテンツマーケティングを展開することができる。

MarkeZine編集部[著]