高級感と高スペックをこの価格帯で

写真拡大

パソコンやスマートフォンなどを手がけるASUS JAPAN(エイスース・ジャパン、東京都千代田区)は、SIMフリースマホ「ZenFone 3 Laser(ゼンフォン・スリー・レイザー) ZC551KL」を2016年11月26日に発売した。狭額縁の5.5型フルHD(1920×1080ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載。背面はアルミニウム合金製、前面にはアンチフィンガープリントを施した。

メタルボディ+2.5Dガラスの高級感

2.5D(次元)曲面ガラス「Corning Gorilla Glass 3」を採用し、高級感のある薄型デザインに仕上げた。

1300万画素メイン、800万画素サブカメラを内蔵。メインカメラは1.2メートルの焦点距離まで対応し、電子式手振れ補正機能(EIS)、約0.03秒でピントが合う「レーザーオートフォーカス」をなど搭載する。

主な仕様は、OSが「Android 6.0.1」、プロセッサーはオクタ(8)コア「Qualcomm Snapdragon 430」、メモリーは4GB、内蔵ストレージは32GB。永久無料のクラウドストレージ「ASUS WebStorageサービス」、2年無料の「Googleドライブ」を利用できる。

IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。SIMスロットはmicro/nanoSIM各1。バッテリー容量は3000mAh。カラーはシルバー、ゴールドの2色。

ASUSショップでは、3万24円(税込)で販売。