「気になる同僚」にさりげなくアプローチするときに使えるテク10

写真拡大

好きというほどでもないけれど、とにかく相手のことを知ってみたい。そんな気になる同僚ができたとき、みなさんはどんな方法でアプローチしていますか? 今回はそんなときにさりげなく使えるテクをアンケートで調べてみました!

■「気になる同僚」にさりげなくアプローチするときに使えるテク

●第1位/「毎日必ず笑顔でおはようを言う」……35.8%
○第2位/「出勤時間を合わせて、朝偶然会うようにする」……17.9%
●第3位/「退社時間を合わせて、帰り際に会うようにする」……12.2%
○第4位/「疲れていそうなときドリンクやお菓子を差し入れる」……10.6%
●第5位/「『これどうやるんですか?』と聞いて仕事を教えて貰う」……6.5%
○第6位/「『仕事が早いですね』『頼りになるなぁ』と仕事ぶりを褒める」……4.1%
●第6位/「職場の悩みや人間関係について相談する」……4.1%
○第8位/「飲み会でさりげなく近くに座る」……3.3%
●第9位/「『今日のスーツ似合ってますね』『その時計、素敵!』など身なりを褒める」……1.6%
○第9位/「残業を手伝う」……1.6%
※第11位以下は略。

■第1位/「毎日必ず笑顔でおはようを言う」

第1位は35.8%で「毎日必ず笑顔でおはようを言う」でした。仕事仲間なら毎日あいさつするのは自然なこと。それを毎日笑顔でこなすことで自分をアピールできるのだから、これはもうしなければ損です!

■第2位/「出勤時間を合せて、朝偶然会うようにする」

第2位は17.9%で「出勤時間を合わせて、朝偶然会うようにする」。偶然を装って毎日同じ時間に会うようにすれば、相手もちょっとした運命を感じてくれるかも? 古典的な手ではありますが、こういう積み重ねがあとから効いてくるのです。

■第3位/「退社時間を合わせて、帰り際に会うようにする」

第3位は12.2%で「退社時間を合わせて、帰り際に会うようにする」でした。朝に合わせるのが難しい人は、退社時間を合わせるのが吉。帰りに一緒になれれば、会話する時間も長くなりますね。

■まとめ

さりげないテクということで、やはり「同じ職場」というアドバンテージを活かした自然な作戦が上位にランクインしています。気になる同僚ができたとき、みなさんも使ってみてくださいね!

(タブロイド/佐藤)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月26日〜2016年10月3日
調査人数:123人(22〜34歳の女性)