日産の「はたらくクルマ」の代表格であるNV350キャラバンが一部改良を受けました。

今回の一部改良では、バンの主要グレード(バン/2WD/ロングボディ/低床/AT車)に「エマージェンシーブレーキ」および「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」が標準装備されています。

1

「エマージェンシーブレーキ」は、フロントに配置されたセンサーで前方の車両を検知し、衝突の危険性があるとシステムが判断した場合にはメーター内の警告灯とブザーでドライバーに衝突回避操作を促すもの。さらに、万一ドライバーが安全に減速できなかった際には、緊急ブレーキを作動させて、衝突を回避または衝突時の被害や傷害を軽減するシステム。

バン/2WD/ロングボディ/低床/AT車仕様は、2016年1月の仕様向上で「VDC」と「エマージェンシーブレーキ」が一部にパッケージモデルとして設定されていますが、今回の一部改良で標準化されたのがニュースです。

今回(2016年11月25日)の改良では、ワゴン、マイクロバスの全グレードに、VDCを標準装備することで安全性の向上が図られています。さらに、5ATトランスミッション車のシフトレバーのインジケーター部に夜間照明を追加することで、夜間運転時の視認性を向上。

また、NV350キャラバンの一部仕様向上に併せて、オーテックジャパンによるカスタムカーの「ライダー」シリーズ、「ライフケアビークル(LV)」シリーズの一部仕様向上も実施。バンベースのモデルは11月25日から、ワゴン、マイクロバスベースのモデルは30日より発売されます。

NV350キャラバン「ライダー」では、本革巻ステアリングや防水シート地などが用意される「インテリアパッケージ」も設定し、機能性と上質感の両立が図られています。また、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」も設定されています。

今回の一部改良では、ベース車と同様に「ライダー」シリーズの主要グレードに「エマージェンシーブレーキ」および「VDC」を標準装備。

さらに、「ライダー」シリーズ、「ライフケアビークル(LV)」シリーズのうちワゴン、マイクロバスベース車に、シフトレバーのインジケーター部に夜間照明を追加することで、夜間運転時の視認性向上を実現しています。

価格帯はNV350キャラバンのバン仕様が220万7520円〜359万6400円、ワゴンが256万3920円〜336万3120円、マイクロバスが285万6600円〜348万4080円。

ライダーは247万7520円〜378万円、ライフケアビークルのチェアキャブ仕様が355万2000円〜480万8000円。送迎タイプ仕様が281万7720円〜360万720円です。

(塚田勝弘)

日産NV350キャラバンが一部改良。バンの主要グレードに「エマージェンシーブレーキ」を標準装備(http://clicccar.com/2016/11/30/420622/)