29日、中国のポータルサイト・今日頭条は初音ミクの活躍について伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は初音ミク。

写真拡大

2016年11月29日、中国のポータルサイト・今日頭条は初音ミクの活躍ぶりについて伝える記事を掲載した。

記事は日本政府がフランスとの友好160周年となる2018年に日本博の開催を目指していると紹介。安倍首相は「初音ミク」など現代の日本文化を世界に発信していく考えを明らかにしたと伝えた。

また、東京五輪に向けてNHKが実施する「東京2020公認プログラム」として、初音ミクのスペシャルライブが開催決定したことも紹介。太鼓芸能集団「鼓童」とのコラボレーションとなると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「初音ミクが出るなら絶対に見る」
「日本が世界に貢献したことと言えばアニメだからな」
「安倍首相もついに人をいい気分にさせることをやってくれたな」

「安倍首相は嫌いだけど、この件で好感度が少しだけ上がった」
「安倍首相が紹介しなくとも初音ミクは世界に向けて走るさ」
「東京五輪は東京アニメ展になりそうだな」

「安倍首相の影響力は初音ミクほど大きくはない」
「初音ミクはいいけど日本の右翼はいらない」
「やっぱり日本は2次元の五輪を開催するつもりだな」

「安倍さんは2次元との境界線をきちんと引くべきだ」
「日本には独身者が多いのはアニメのせいだと思う」
「オリンピックは神聖なスポーツの大会なのに、2次元と絡めるとは、もうオリンピックは見ない!」(翻訳・編集/山中)