飛行機事故で犠牲となったシャペコエンセFWチアギーニョ、先日に妻の第一子妊娠を発表した矢先の悲劇…

写真拡大

▽28日にコロンビアのメデジン近郊で起きた飛行機墜落事故で犠牲となったシャペコエンセのブラジル人FWチアギーニョ(享年22)が、先日に妻の第一子妊娠を発表していたことがわかった。ブラジル『グローボ』が伝えている。

▽ブラジル1部に属するシャペコエンセのスタッフ、選手を含むメンバーがコパ・スダメリカーナ決勝戦に向かうため、搭乗した飛行機が28日にコロンビアのメデジン近郊で墜落した。『グローボ』によると、現地警察は81名の乗客のうち6名の生存を確認。残りの75名は死亡したと発表している。

▽この事故で犠牲者の1人となったチアギーニョの家族は29日、SNS上で1つの動画を公開した。その動画にはチームメートに対して、自身が初めて父親になることを誇らしげに伝える同選手の微笑ましい様子が映されていた。

▽チアギーニョの従妹によると、チアギーニョの妻は、現在妊娠1カ月で同選手は待望の第一子誕生を心待ちにしていたとのことだ。

▽ブラジルのレスターと評される快進撃でコパ・スダメリカーナ決勝進出を果たし、プライベートでも妻の第一子妊娠と幸せの絶頂期にあった中での悲劇に、多くの人が強く心を痛めている。

◆チアギーニョの幸せそうな姿を見ると、心が痛みます…

https://twitter.com/PHVersitolli/status/803574194508275712