「Dining & Bar TENQOO」の「誕生石カクテル」(1杯1500円、サービス料込)

写真拡大

東京駅とその周辺エリアを指す「東京ステーションシティ」では、これからの時期、お正月関連商品の販売や、さまざまなイベントを実施する。

【写真を見る】東京ステーションシティでは、「常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station」が12月1日よりオープンする

ホテルメトロポリタン丸の内の「Dining & Bar TENQOO(テンクウ)」では、2017年1月1日より誕生石にちなんだオリジナルカクテル「誕生石カクテル」(1杯1500円、サービス料込)の販売を開始。

誕生石にちなんで、バーテンダーが開発したのは12種類のカクテル。いずれも写真映えする美しい色合いのカクテルに仕上がっており、俗にいわれる「誕生石のパワーストーンとしての意味合い」をカクテルの味や素材に反映したものとなっている。

たとえば、1月の「Garnet」は、「デトックス」を意味するカクテルに。意味付けに合わせ、デトックスに良いといわれているローズヒップを素材に選んだそうで、このローズヒップを漬けたジンに、カシス、レモンを追加し、カシスの風味が効いた甘さが強めのカクテルに仕上げた。「誕生石カクテル」は、誕生日のお祝いの席にもピッタリなのではないだろうか。【ウォーカープラス編集部/Raira】