29日、韓国教育部が初めて公開した国定歴史教科書案の内容が「右傾化している」と騒ぎになる中、教科書について広報するため同部がSNSに掲載した資料の韓国国旗に間違いが発覚、批判の声が強まっている。資料写真。

写真拡大

2016年11月29日、韓国教育部が初めて公開した国定歴史教科書案の内容が「右傾化している」と騒ぎになる中、教科書について広報するため同部がSNSに掲載した資料の韓国国旗に間違いが発覚、批判の声が強まっている。韓国・YTNなどが伝えた。

教育部は28日、公式フェイスブックに「正しい歴史教科書、事実に立脚したバランスの取れた教科書です」との文章と合わせ、政府主導で制作が進められた国定教科書「正しい歴史教科書」の宣伝漫画を掲載した。漫画の中では教師らしき男性が「すてきな国に生まれたことを感謝しよう」と呼び掛け、女子生徒が「わが民族の勇気と献身から成った誇らしい歴史を一生懸命に勉強しなければなりません」と答えている。

「親日や独裁行為についてはっきりと明かされており、わが民族の激烈な独立運動と民主化の歴史もきちんと盛り込まれている」とのメッセージもあり、タイトル通り「正しい歴史教科書」を強調する内容なのだが、このうち2コマに描かれた韓国国旗の柄が「正しく」なかった。

韓国国旗は、中心の赤青の太極文様の周りに黒色で「乾坤坎離(けんこんかんり)」の四つの卦(け)を表す文様が描かれるが、問題のコマの国旗は二つの卦の位置が入れ替わっていたのだ。これを見つけたネットユーザーからは「太極旗(韓国国旗)からして間違ってるのに正しい歴史教科書なんて言えるのか?」「太極旗も知らずにどうやって教科書を作るんだ?」など批判の声が相次ぎ、他にも次のようなコメントが寄せられている。

「太極旗も知らない売国奴に何も任せられない」
「日の丸を見慣れてたら、太極旗を描くのは難しいよね。自ら親日を認めたんだよ」
「狙ったの?それともただの無知?」

「漫画の『誇らしい』という標準語もつづりを間違ってる…」
「漫画の中の鼻ひげの先生は日本人っぽいね」
「教育部の職員の中にこの間違いを見つけられる人が1人もいなかったの?恥ずかしい」

「やることすべてこんなふうにするのも能力の一つ」
「太極旗も左寄りだから変えたみたいだな」
「こんなものをどうやってミスするんだ?。自分の目を疑ったよ」(翻訳・編集/吉金)