ヤングなでしこはU-20フランス女子代表に敗れた【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-2 フランス U-20女子W杯準決勝】

 U-20女子W杯の準決勝が29日に行われ、日本女子U-20代表はフランス女子U-20代表と対戦した。

 日本は準々決勝でブラジルを圧倒して3-1の快勝を収めた勢いそのままに決勝進出を狙う。一方のフランスは準々決勝でドイツに勝利してベスト4に駒を進めてきた。

 前半途中、相手と競り合った右サイドバックの宮川麻都が右腕を負傷し、守屋都弥との交代を余儀なくされる。それ以外に特にアクシデントはなく、試合は後半へ。

 両チームとも決め手を欠き、後半もなかなかゴールが生まれない。結局90分間では0-0のままで決着は延長戦に委ねられた。

 すると延長前半の99分、試合が動く。フランスは右サイドバックがオーバーラップを仕掛けてクロスを上げると、ペナルティエリア内でマテオが日本のDFの上から叩きつける打点の高いヘディングでゴールネットを揺らす。

 さらに直後の101分、左からの展開でボールがこぼれると、右サイドからフリーになっていたガスラが走り込んでフランスが追加点を奪う。日本は立て続けに失点を喫し、窮地に立たされる。

 延長後半の108分、日本は籾木結花がPKを獲得。自ら蹴ったシュートは一度GKに止められたが、そのGKが体の下をすり抜けたボールを自分で押し込んでしまいゴールイン。1点差に迫る。

 しかし、反撃もここまで。日本は延長前半に2点続けて奪われたことが響きU-20W杯準決勝で涙を呑んだ。勝利したフランスは、アメリカを延長戦の末下した北朝鮮と対戦する。

【得点者】
99分 0-1 マテオ(フランス)
101分 0-2 ガスラ(フランス)
109分 1-2 籾木結花(日本)

text by 編集部