恋人との関係が崩れるとき、一体なにが起こっているのでしょうか? 女性と男性はそれぞれ「もうこの恋は終わった……」と思う瞬間には違いがあるようです。今回は女性が感じる心が離れる瞬間6つをご紹介! あなたも同じ感情が生まれていたら、もう恋人との関係は崩れているかも?

1: 付き合っていても孤独を感じる

同じ時間を過ごしていなくても、心はいつでも一緒でいたい! そう思うのが女性の心理。しかし、相談ごともあまり聞いてくれずそっけないLINEのやりとりが続くと、心は不安に満ちていきます。一緒にいなくても安心できる相手でないと、孤独を感じて心が離れてしまうため、好きな気持ちがあっても別れを考えるきっかけになるのです。

2: 存在価値を感じられない

女性にとっては、彼に自分の存在価値をアピールしたいもの。そのため、料理や洗濯、料理といったことで自分の存在を示そうとしますが、それだけではだんだんと心が闇の方向へと進みます。それは、彼にとってその行動が普通になり、話を聞くという行為が減るから。
女性は理解、サポート、容認、尊敬が感じられなくなると、彼にとって存在価値がないのでは? と感じるのです。彼に相談ごとをするのは、相手とのつながりをより強力にしたいからという心理なので、それがなくなると女性は存在価値を感じられなくなり、彼に対しての気持ちも冷めてきます。

3: 魅力が感じられなくなる

女性が男性と体の関係が保てるのは、相手に魅力があるからです。しかし、本当は心が冷めているのになんとなく関係を続けてしまっていると、キスをされても魅力を感じられず体の関係はただただ苦痛なだけ。
女性にとってムードがあるかないかはとても重要なことなので、気持ちが付いてこなければ体の関係はムリ! 魅力を感じないとわかった瞬間、心はぷっつりと離れます。

4: パターンが一緒なのはつまらない

男性はいつもと同じルーティーンが心地よく感じるため好まれますが、女性は同じパターンが続くと飽きてきてしまいます。いつも同じ場所、同じ食べ物、同じようなサプライズばかりでは、一緒にいてもつまらなく感じます。
実はちょっとした予期せぬ瞬間を求めているため、「やっぱり同じことの繰り返し」となるのです。定着した関係になってしまうと、心は離れていきます。

5: 私生活が一変した

年末は忙しい時期ですが、なにかを始めたくなる時期でもあります。女性なら習いごとを始めたり、新しい仕事を探し始めたりとなにかと忙しく、生活が一変していきます。そうなると、彼の存在を忘れがちになり、逆に連絡があると面倒と感じてしまうもの。自分自身の次なる目標を持ち始めるとパートナという存在の重要性がなくなるため、別れちゃおうかな……という気持ちになってきます。

6: 精神的に必要じゃない

以前なら、女性にとって男性は物理的に頼りになる存在として恋人という関係を続けられていましたが、今、女性も働きそれなりの地位を確立できているため、精神的に頼れる存在を必要とします。
そのため、彼から精神的にサポートされることがないと、その存在を必要としなくなり、生活のなかから彼を引き離すことを考えだします。精神的なつながりがないと感じると、それが離れる理由となっていきます。