ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

写真拡大

今月23日(水・祝)より公開され、初日から満席となる劇場が続出している『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。"ファンタビ"の魔法が全国に行き渡り、公開からわずか5日間で早くも動員100万人を突破! 累計興行収入17億2432万9600円、累計動員119万450人を記録。本年度に公開した洋画実写作品でナンバーワンとなる、ぶっちりの絶好スタートを切った。

本作は数字だけでなく、満足度が非常に高いことにも注目だ。映画サイトやTwitterではさっそく映画を観た感想が多数書き込まれており、「ニュートがとてもチャーミングで素敵」「今年ナンバーワンの面白さ!」「魔法動物、かわいかった。」「泣いてしまった...」「観終わったばかりなのにもう1回観たい」「あと2回は観る!」「家族で見た。素敵だった...」など、さっそく絶賛する感想のツイートが多数書き込まれ、週末のツイッターのランキングにも"ファンタビ"や"ファンタスティック・ビースト"のワードがランクイン。Yahooの映画レビューでは、2387件ものレビューが書きこまれ、11月28日(月)正午の時点で「君の名は。」を超えて5点満点中4.26という高得点をマークしている。

SNSで話題が拡散し始めた本作。Twitter では"ファンタビ"の主人公ニュートと、"ハリポタ"の主人公ハリーが、すれ違い様にタッチするファンアートをTwitterユーザーが投稿すると、本シリーズの原作者J・K・ローリング氏の目に留まり、「I love this so much」とコメントとともにリツイートすると、たちまち世界中のファンの目に触れ、話題になった。

今週の日本テレビ系金曜ロードSHOW!「新作公開記念2週連続ハリー・ポッター祭り!」で放送予定の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(12月2日(金)夜9時から)も多いに盛り上がりそうだ。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は全国で大ヒット上映中。(海外ドラマNAVI)