気になる彼のハートをしっかり掴み、仲良しカップルになる……そんな恋愛上手な女子ってやっぱりうらやましいですよね。どうすればそんなふうになれるのか、いろいろ探ってみたい気持ちにもなるものです。
でもそんな方でも大丈夫、恋愛偏差値を底上げする具体的な方法7つをご紹介します。この7つをしっかり実行すれば、あなたも恋愛マスターになれることでしょう。

相手の好みをとことん分析し、自分自身を彼仕様に“カスタマイズ”する

好きになった相手を高確率で落とせる人は、恋愛偏差値が非常に高い人。そんな人が持っている一番のスキルはなんといっても相手のニーズをちゃんと把握し、彼がどんなことが好きなのか的確に理解して提供できること。
一般的な“モテ”法則だけに頼らず、相手の好み、価値観をもっとよく知ろうとアンテナを張っているのです。これは人間観察力と言ってもいいかもしれません。彼が恋愛に求めるニーズを把握できれば、あとはそんなニーズに応えられるよう自分を“カスタマイズ“していきます。

相手が喜ぶ“サプライズ”を仕掛け、意外性をアピールする

恋愛気分がマンネリ化しないためにも、ときには刺激やスパイスアップが必要。そのために相手の意表を突いた“サプライズ”がときに有効的です。
とはいえ、大胆過ぎる試みはかえって相手が引いてしまうのでキケン。あくまで彼が喜んでくれる範囲内で、すてきなサプライズを仕掛けてみましょう。

お金はかけなくても気持ちは込める、そんなジェスチャーを惜しみなく見せる

恋愛にはお金がかかると思っていませんか? 高級なレストランやホテル……でもそればかりがロマンティックとは限りません。お弁当をもってピクニックデート、二人で楽しめる映画を自宅でじっくり鑑賞、日帰りでドライブデート……「ふたりで最高の時間を過ごそう」という気持ちをちゃんと込めることができれば、どんなことでも“ロマンティック“になりうることを忘れないで。

特別な日でなくても、メッセージカードや小さなプレゼントで愛情を伝える

クリスマスやバレンタイン、大げさでロマンティックな演出が必要なのはそんな特別な日に限ると決めつけていませんか? でもそんなことまったくありません。相手のことが大好きで大切に思うなら、普段からそんな気持ちをまっすぐストレートに伝えていいんです。
大げさなことが苦手な人なら、かわいいイラストなどを添えてメッセージカードに手書きで気持ちを短く書いてもいいし、彼の好きなものを差し入れみたいにプレゼントしてもいいでしょう。たとえそれがエナジードリンクみたいなものでも構いません。押しつけがましいのではなく、さりげない気遣いを感じさせる、そんな言葉やプレゼントを用意してみましょう。

「さすがだね!」「そんなこともできるの!」誉め言葉で彼の心をくすぐる

男女ともに、誰かから褒められて悪い気のする人はいません。まして恋人ならなおさらです。普段から「◯◯くん、すごいね」「やっぱり頼りになるわ」なんてポジティブワードを積極的に相手に投げかけること。彼の自信やプライドも大いに満たされるはずです。

彼のことを心から大切にする、でも自分自身のことも大事にしきちんとケアする

恋愛上手な人は常に相手のことばかり考えて、なにごとも相手を中心に考えなければ気のすまない人なのでしょうか? でもそれはおそらく違います。もちろん彼のことを大切に思っていますが、それ以上にきちんと自分自身を大切に考え、ケアできる人たちです。だからこそ幸せの基準はちゃんと自分のなかにあるし、相手に振りまわされたり恋愛依存症のようになることもありません。
自分のことをハッピーにできるから、相手の幸せも思いやれる余裕があるのです。女友だちとの時間を楽しんだり、美容院やサロンで女磨きしたり、自分の心と体のケアも忘れずに大事にしましょう。

普段からのスキンシップを大切にする

恋人同士であれば、惜しまずスキンシップを楽しみましょう。さりげなく自分から手をつないでみたり、お休み前にキスをねだったり、そんなふうに彼に求められる人はきっと愛され上手。恋人なんだから彼にもっと甘えたい……そんな気持ちを素直に表してみましょう。シャイな彼ほど、彼女からそんなふうにされればきっと嬉しいはずです。