Doctors Me(ドクターズミー)- “GET WILD退勤”で目指せ定時上がり!長時間労働を防ぐ健康的な退社方法

写真拡大 (全7枚)

長時間労働や定額残業代システムによる過労死や、うつ病などが大きな問題となっておりますが、なかなか定時は帰りづらい...と思う方も多いのでは。

以前ネットで話題になった「シティーハンター(GET WILD)退勤」と呼ばれるものがありましたが、少しの工夫で退勤時にストレスなく上がれるのは理想的だと思います。

今回は長時間労働による健康リスク、健康的に退社をする方法などを医師に解説していただきました。

定時退社するのが怖くなってしまう心理状態


周囲の目が気になってしまう


「もう帰るのか」「いつも早いな」などと残業をしている同僚から思われるのを嫌うケースです。

自分の用事を言い出せない


用事があって早く帰りたいのに、それを言い出せないケースもあります。

給与の問題


残業手当を当てにして生活している場合、容易には定時に帰りにくくなります。

人に迷惑をかけそうで不安


自分がいないことで、ほかの人が退勤時刻後に入ってきた自分の仕事を肩代わりしなくてはいけなくなるのでは....という不安も考えられます。

長時間労働で懸念される疾患


うつ病


気分の落ち込みや意欲の低下、不眠などが現れます。

心筋梗塞


週60時間の労働は、心筋梗塞の発症を2倍以上増加させるといわれます。

脳出血


こちらも長時間労働でリスクが上がるといわれています。

不眠症


極端な過労や睡眠不足から交感神経が興奮し、容易に寝付けなくなる場合があります。

シティーハンター(GET WILD)退勤とは


シティーハンター(GET WILD)退勤とは、以前ネット上で話題となった、退勤時間になって職場を出る前に頭の中で「GET WILD」の曲を流す、というものです。

シティーハンター(GET WILD)退勤の効果

退勤時刻になって、退勤したいと強く思っているにもかかわらず、周りの目を気にしたり、何となく周囲に悪い気がして退勤できないという方に、一つ背中を押して罪悪感を強く感じずに退勤できる効果があるのではないでしょうか。

こういったお気に入りの、あるいは勢いや開放感のある音楽を利用するというのは非常に良い方法です。

健康的に退社できるおすすめの方法


仕事内容とかかる時間を正確に把握する


自分の分の仕事が完全に終わっていれば、ストレス少なく退勤できます。

アフターファイブの予定を立てる


そこを目指して仕事をすることでモチベーションもわきます。

しっかり休憩をとる


正常な判断をするために、心と体の適度な休息は重要です。

健康的に退社できない人のNG行動


■残業することで周囲からの良い評価を期待する

■プライベートな時間を重要視していない

■ほかの人が定時に帰ることにも白い眼をむける

退社した後のおすすめの健康的な過ごし方


スポーツ


テニスや水泳、エアロビクスなどを行い、体力づくりやリフレッシュをするとよいでしょう。

家族団らん


鍋物をしたり、家族で平日に外食もいいです。

読書や映画


ゆったりした気分で好みの趣味の活動をするのもよいリラックス法です。

最後に医師から一言

どうしても社会人になると、周囲の目が気になって帰れるときでもデスクで仕事をしているふりをしてしまう、ということもあるのではないでしょうか。

毎日は難しくても、時には定時退勤をして、自分のため、家族のための時間を過ごしてみませんか?

(監修:Doctors Me 医師)