チュ・ジヌ記者、早稲田大学のトークコンサートで衝撃発言「バイアグラにセックス動画、麻薬事件も出てくるだろう」

写真拡大

「時事IN」のチュ・ジヌ記者が早稲田大学で行ったトークコンサートで衝撃的な発言をし、波紋が予想されている。

チュ・ジヌは25日、早稲田大学にてタレントのキム・ジェドンと共演したトークコンサートで「バイアグラに続き、セックス関連のテープが出てくるだろう」と主張した。同発言のトークコンサートの映像は29日現在、オンライン上で急速に広まっている。

同映像でチュ・ジヌは「希望を持ちたいと思うが、希望が見えない」と嘆き、「バイアグラが出た。その次に麻薬成分(を含んだ医薬品) が出た。これからもどんどん出るだろう。これからセックス関連のテープが出るだろう。その後、麻薬事件も出るだろう。みなさんが見た人たちに関連するものだ」と明かした。

続いてチュ・ジヌは「不正入学の件があったではないか。その次は兵役関連の不正が出るだろう。その次は開発事業だ。チェ・スンシルと朴槿恵(パク・クネ) 大統領関連の。そして大規模な国防関連の不正が出るだろう。みなさんは今、チェ・スンシルと朴槿恵ゲートの10分の1だけを見ている」と話した。