森永製菓「DARS」の新テレビCM「毎日ダースの日」篇のワンシーン

写真拡大

連続ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」に出演中の菅田将暉さんは、整ったフェイスと演技力の高さから、ドラマや映画に引っ張りだこの若手俳優だ。菅田さん出演の特別ムービーが見られるキャンペーンサイト「ならべダース」が、2016年11月29日にスマホ限定でスタートした。17年3月31日までの期間限定。

キャンペーンサイトを仕掛けたのは、チョコレート「DARS」(ダース、税別110円)を製造・販売する森永製菓。ダースには12粒のチョコが入っている。その粒を菓子トレイの上に並べて写真を撮り、手順に従って画像をアップロードすると――特別ムービーとコンテンツを楽しめるというからくりだ。粒の配列によって表示されるコンテンツは異なり、その数は100 種類以上におよぶ。キャンペーン参加に必要なのはダースとスマホだけで参加費は一切かからない。

トレンド編集部も早速「ならべダース」にチャレンジした。

食べるだけじゃない楽しみがダースにはあった

キャンペーンサイトにアクセスすると、トップページに「遊び方とヒント」というメニューがある。その部分をタップしたところ、次のような手順が書いてあった。

(1)ダースを外箱から取り出し、菓子トレイの上でチョコを並べます。
(2)「写真をアップする」ボタンをタップして、チョコを撮影し、アップします。
(3)チョコの配置ごとに100通り以上のコンテンツが出現!
【ヒント!】「D」「A」「R」「S」って並べると、スペシャルなムービーがみられるかも...!?

その下には「撮り方のコツ」という注意書きがあり、悪い写真の例がこのように書かれている。

「菓子トレイの上に置かれていない、3×4のマス目上に並んでいない、真上から全体が写っていない、菓子トレイの上に柄物が敷かれている、暗かったりピンボケしたり写真が鮮明でない、など」

どうやらダースの粒の数に制限はなさそう。まずは簡単なパターンからトライということで、左下に1粒だけ配置し、撮影→アップロードした。

およそ10秒後に表示された動画は「CMメイキング(1)」というコンテンツだ。ダースのパッケージを片手に菅田さんが決めポーズをとっている。CM撮影の現場ってこんな感じかぁと思って見ていると、直後に「Q 菅田さんは今から何をする?」というテロップが流れた。ビデオカメラが少しずつズームし、菅田さんの顔がアップになると――。彼のお茶目な表情が見られる!

「ならべダース」の仕組みそのものは超簡単。小学校低学年でもつまずくことはなさそう。

今度は2粒で試した。中央列の左半分にダースを配置し、先ほどと同じようにスマホでパシャリ。撮影画像をアップロードすると――「HAPPY DARS DAYな出来事(1)」というコンテンツが出てきた。紙芝居風のセットの中で、菅田さんは次のように叫ぶ。

「HAPPY DARS DAYな出来事!ドゥルルル〜」

「ドンッ!」という掛け声とともに、紙が1枚横に引き抜かれる。2枚目に書かれていたものとは――。続きが気になる人は、ダースを買って「ならべダース」にアクセスしてみよう。

12月12日に行われる特別企画

そもそも本キャンペーンは、2016年12月6日から始まるテレビCM「毎日ダースの日」篇、「ダースの日」篇と連動して行われる。CMキャラクターを務める菅田さんが、本キャンペーンコンセプト「毎日HAPPY DARS DAY!」に基づき、共演者たちを「HAPPY DARS DAY〜♪」と美声で祝福するシーンは必見だ。

また12月12日の「ダースの日」には、「菅田さんのサイン入りダースが当たるTwitter キャンペーン」が実施される。「#ダースの日#ならべダース」とハッシュタグをつけて、「ダース&Happy」な写真を投稿した人の中から、抽選で12 人に菅田さんのサイン入りダースがプレゼントされる。応募の詳細はキャンペーンサイトまで。