「ハッピーあんデニッシュ」(302円)

写真拡大

北海道で人気の「小樽洋菓子舗ルタオ」が、新千歳空港にチョコレート専門店を出店。「ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ」が12月8日(木)に、国内線ターミナル2Fショッピングワールドにオープンする。

【写真を見る】「セボーンヌ」(1782円)

“新しい波”を意味するヌーベルバーグの言葉通り、チョコレートと良質な素材を自由な発想で組み合わせ、新しい美味しさを作り出すチョコレートショップ。

北海道産小豆と生チョコを焼き込んだ「ハッピーあんデニッシュ」(302円)や、チョコレートケーキのなかに小豆餡を仕込みしっとり濃厚な味に焼き上げた「セボーンヌ」(1782円)など、北海道らしさを感じさせながら、常識にとらわれない新しいスイーツの波を作り出す。

また、チーズケーキとチョコレートを融合させた「ショコラドゥーブル」(1728円)や、オリジナルブレンドのカカオとダージリンティーの花のような香りがマッチしたチョコレートの「ロイヤルモンターニュ」(9個入675円、15個入1080円)など、ルタオおなじみの商品も取りそろえる。

店舗は、伝統的なヨーロッパのスイーツショップとノスタルジックな街である小樽のイメージを融合させたデザイン。贈って喜ばれ、受け取って嬉しいチョコがそろう新店に、空の旅前後に立ち寄ってみては。【ウォーカープラス編集部/コタニ】