画像

写真拡大

 Twitterは、自社データを活用したターゲティングを可能にするテイラードオーディエンスのパートナーシップを国内でも開始した。

 Twitterは、日本国内におけるテイラードオーディエンスのパートナーシップを開始した。

 テイラードオーディエンスでは、Webサイトの訪問履歴やアプリのインストールおよび利用状況、自社CRMデータ、Twitterの利用者リストなどをもとにターゲティングし、Twitter広告を配信できる。

 また、Twitterの広告管理画面からのアップロードと同様に、パートナー経由の場合でもTwitterに送信されるデータは全てハッシュ化される。そのため、データは常にセキュアな環境下にある。

 今回国内パートナーとの連携をスタートしたことで、保有データを直接Twitterにアップロードすることがポリシー上できない広告主は、パートナー経由で自社データを活用できるようになった。現段階でパートナーとなっている企業は8社で、順次拡大していく予定。

●パートナー一覧(五十音順)

・株式会社インティメート・マージャー

・Supership株式会社

・デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

・株式会社電通

・株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

・株式会社博報堂DYデジタル

・株式会社BI.Garage

・株式会社RightSegment

MarkeZine編集部[著]