2016年に登場したニューモデルの中でも、その完成度から大本命と言われるメルセデスEクラスに、ステーションワゴンが追加発売されました。過去、5世代に渡り世界中で100万台以上が販売されたプレミアムステーションワゴンの最新モデルがついに日本上陸です。

1

セダンのEクラス同様に、自動運転技術を用いた「ドライブパイロット」や、最新のメルセデスらしい優雅なボディラインはステーションワゴンでも健在。さらに、リアバンパー下に足を近づけるとテールゲートを自動開閉する「フットトランクオープナー」を全車標準というのもプレミアムセグメントらしい装備です。

エンジンは4種類のガソリンターボと1種類のクリーンディーゼルを設定。いずれも最新の9G-TRONIC(9速AT)と組み合わされます。

■メルセデスEクラス ステーションワゴン搭載エンジン
2.0リッター直列4気筒直噴ターボエンジン:最高出力135kW(184PS)、最大トルク300N・m(30.6kgf・m)

2.0リッター直列4気筒直噴ターボエンジン:最高出力155kW(211PS)、最大トルク350N・m(35.7kgf・m)

2.0リッター直列4気筒BlueTECエンジン(ディーゼル):最高出力143kW(195PS)、最大トルク400N・m(40.8kgf・m)

3.5リッターV型6気筒直噴ツインターボエンジン:最高出力245kW(333PS)、最大トルク480N・m(48.9kgf・m)

3.0リッター V型6気筒直噴ツインターボエンジン(AMG):最高出力295kW(401PS)、最大トルク520N・m(53.0kgf・m)

※V6エンジンは四輪駆動だけのラインナップ

メーカー希望小売価格は712万円〜1186万円。さらに、新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証・メンテナンスサービスと24時間ツーリングサポートを無償提供する総合保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用されます。

(写真:小林和久 文:山本晋也)

メルセデスベンツの新型Eクラスワゴンが日本上陸、価格は712万円より(http://clicccar.com/2016/11/29/421907/)