車掌さんぶりがハマっているエイドリアン・ブロディ

写真拡大

 映画『グランド・ブダペスト・ホテル』などのウェス・アンダーソン監督が手掛けた、H&MのホリデーキャンペーンCMフィルムが公開された。主人公の車掌さんを演じたのは、アンダーソン監督作常連のオスカー俳優エイドリアン・ブロディ。4分弱の短編ながらアンダーソン監督らしさがギュッと詰まった、クリスマスのワクワク感に満ちた超絶かわいい作品に仕上がっている。

 「Come together -共に過ごそう-」をテーマに、悪天候と機械トラブルによって到着が11時間半遅れることになったクリスマス列車「H&M号ウィンターエクスプレス」での出来事を描いた本作。車掌のラルフは休暇の予定が台無しになってしまった乗客たちを少しでも楽しませようと奮闘して……。そして待ち受けるのはなんとも心温まるラストだ。

 ブロディは「列車に乗り合わせた知らない者同士の集まりは、シンプルでありながらもホリデースピリットをすてきに表現しています。知らない人にハグすることが必要となっているような今の世の中では、もしかするとこのような温かみのあるシーンが心に響くのかも知れません」とコメントしている。

 映像は11月28日よりショートバージョンがテレビコマーシャルでオンエア中。フルバージョンはインターネット上で限定公開されている(設定すれば日本語字幕も可)。(編集部・市川遥)