「群馬名物!上州地粉のおっきりこみ」(398円)

写真拡大

群馬県内のセブンイレブンだけで、名物麺を限定発売。

【写真を見る】商品に貼付されている「ひめラボぐんまちゃん」のワンポイントシール

群馬県の郷土料理を商品化した「群馬名物!上州地粉のおっきりこみ」(398円)が、11月25日(金)から発売されている。

同商品は、群馬県で親しまれている煮込み麺料理。群馬県産の「上州地粉」を使用し、小麦の風味が感じられて“つるつる”と“もちもち”した麺の食感が楽しめる商品となっている。

群馬県産農畜産物のブランド化を考える女子会「ひめラボ」が、株式会社セブン-イレブン・ジャパンとともに商品開発を実施。商品パッケージにも、「ひめラボぐんまちゃん」のワンポイントシールを貼付している。

商品は野菜の旨みの溶け出したつゆとの一体感が特長。具材には、人参、ごぼう、大根、里芋、ぶなしめじなど10品目を使用した。

見た目の彩りと具材の食感が楽しめる仕立てで、つゆには隠し味に味噌を使用することで、野菜の甘味が引き立つ濃厚な味を実現している。

電子レンジで温めるだけで本格的な群馬名物を楽しめる一品。県外からも是非食べに行きたくなる。【ウォーカープラス編集部/コタニ】