「バイきんぐ」の小峠英二さん(写真は2016年11月29日撮影)

写真拡大

2016年11月29日、スクウェア・エニックスの人気テレビゲーム「ファイナルファンタジー」(FF)の最新作「ファイナルファンタジーXV」(対応機種:PlayStation?4/Xbox One)が世界各国で同時発売された。

都内の「ヨドバシカメラ マルチメディア Akiba」では朝、発売記念イベントが行われた。スクウェア・エニックスの松田洋祐社長や制作者の田畑端ディレクターがあいさつをした後、ゲームの中で声優を務めた鈴木達央さんと北川里奈さん、ゲストのお笑いコンビ「バイきんぐ」の2人、女優の真野恵里菜さんが登場して会場を盛り上げた。

田畑D「キャラクターが感情を持っている」

約20分間のトークセッションでは、「バイきんぐ」の小峠英二さんと西村瑞樹さんに司会者の質問が集中した。「ファイナルファンタジー」シリーズのプレイ経験を聞かれると、「ワンからテンツーまでやりました」(西村さん)。小峠さんは「西村がワンからテンツーまでやるのをずっと横で見てました」と笑いを誘った。舞台裏で開発段階の秘話を聞いたという西村さんが「ボイスのバリエーションがすごいって聞きまして。人工知能がすごいらしい」と打ち明けると、田畑さんは

「キャラクターが感情を持っています。4人で掛け合いを自然にするようになっています」

と補足説明した。

真野さんはFFのアーケードゲーム「ディシディア ファイナルファンタジー」で声優を務め、「ファイナルファンタジーレコードキーパー」のCMに出演した経験がある。普段もゲーム好きだそうで、「スマホ版の(FF)ナインをダウンロードして朝から晩までプレイして2週間でクリアしました」という。今作の魅力については、

「とにかく映像がきれい。キャラクターが感情を持ってしゃべるそうなので、自分がプレイするのはもちろん、誰がやっているのを横で見るのもいいな、と思いました」

と語った。

小峠「お前、(覚せい剤を)やってるだろ?」

発売記念イベント終了後、「バイきんぐ」の2人と真野さんは報道陣の囲み取材に答えた。真野さんは「FFシリーズはセブンから始めました」と明かし、

「(年末年始は)ゲームづけになると思います。早くやりたいです。我慢できない」

と語った。

「バイきんぐ」の2人は、前夜に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKA容疑者についても質問された。小峠さんが「びっくりしました。(逮捕された時、)ちょうど収録で楽屋にいて...」と明かすと、西村さんは「テレビがついていて...」。だがきょとんとする小峠さんを見て、西村さんは「違うか...」と不安そうな表情を浮かべる。小峠さんはASKA容疑者に絡めて

「お前、(覚せい剤を)やってるだろ?テレビなんかついてねーよ。テレビなんかなかったよ」

と突っ込み、西村さんは「やってないよ!」と全力で否定していた。