KBS、ドラマ「女、シム・ジェボク」が「完璧な妻」にタイトル変更…コ・ソヨンが出演検討中

写真拡大

女優コ・ソヨンが10年ぶりにお茶の間にカムバックする見通しだ。

29日、KBSドラマ局の関係者はTVレポートの取材に対し、「女、シム・ジェボク」から「完璧な妻」にタイトルを変更したドラマの主人公としてコ・ソヨンの出演を議論していると明かした。

コ・ソヨンは2007年の「青い魚」を最後にお茶の間から消えた。その後、チャン・ドンゴンと結婚して2人の子供を育てながら俳優活動はほとんど休んでいた。「完璧な妻」を通じてコ・ソヨンが見せてくれる演技が期待を集めている。

「完璧な妻」は2月末から韓国で放送される月火ドラマとして編成を議論している。「勉強の神」「ブレイン」「お願い、ママ」などを執筆したユン・ギョンア脚本家が脚本を書いた。演出は「ゴールデンクロス」のホン・ソックプロデューサーが担当する。