画像

写真拡大 (全3枚)

 電通アイソバーは、デジタルコンテンツを評価するサービス「THE SIGMA METHOD」を開発。コンテンツの評価指数は、同社がこれまで培ってきたデジタルコンテンツ運用実績から導き出している。

 電通アイソバーは、外部環境やアルゴリズムによりリーチの差異が生じるFacebookを中心としたメディアの、デジタルコンテンツの客観的な評価指数がわかるサービス「THE SIGMA METHOD」を開発した。

 同サービスでは、A/Bテストを行うことなく、リーチ規模を一定数の単位で分割し、リーチ・表示回数別の投稿反応の平均値を算出。リーチ別の平均値を基準として、ばらつきをもとにユーザーのアクションをスコアリングして、クイックなコンテンツ評価を実施する。

 これにより、自社のデジタル施策の何が「良い」コンテンツなのかを定義し、その「良さ」を客観的に評価できる軸が明示される。結果、実施施策のより深いインサイトが得られるとともに、PDCAサイクルの高速化、効果的なデジタルマーケティングの戦略立案に活用することができる。

 また、同社では現在、改善施策をわかりやすく可視化して提示できるよう、ダッシュボードの開発を進めている。ダッシュボードの正式な公開は、2017年の3月頃を予定している。

MarkeZine編集部[著]